1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>

自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>

自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>のタイトル画像

現在6歳の娘さんを育てられている、サトウカエデさん。娘さんが、はじめて補助輪なしの自転車にのれた時、これまで見守ってきた「はじめて」が、たくさん浮かんできたそうです。


子どもと一緒にいると、いつの間にこんなに大きくなったのだろうと、目を細める瞬間がなんどでもある。

我が家の娘は6歳。

笑うと頬にえくぼができてかわいい。

朝から寝る前まででその日を楽しんでいる、毎日が楽しくてたまらない年ごろだ。

はじめてハイハイで動いた日。

ふるえる二本の足で立った日。

舌足らずな声で「まんま」と言った日。

どれも忘れられない。

記憶のなかの小さい娘を、心からいとおしいと思う。

そのなかでも、ひときわ私の心を揺さぶるのは、小さな娘の背中が、もっと小さく、あっという間に追いつけない距離まで行ってしまったあの日。

私は足を止めて目を細め、いつか巣立つ日の娘を思った。



「ほじょりんじゃなきゃ、いやだ」

半年前、5歳半の娘は、背丈にあった紫と白の自転車の横で口をとがらせていた。

数週間前から乗るようになった自転車。

最初は補助輪つきで。

標準身長よりも小さいサイズの娘は、たとえ支えがあってもペダルを踏むのが一苦労だ。

ようやく進めるようになり、この日はいよいよ補助輪なしで挑戦する初日。

住んでいる街の、海沿いのサイクリングコースにやってきた。

とはいえ、親である私も夫も、無理に自転車の練習をさせようとは思っていない。

まず乗ってみて、だめならまた補助輪をつければいい。

軽い考えで娘を連れてきたが、もともと新しいモノに臆病な一面を持つ彼女は、いつもとは違う自転車に不機嫌そうだ。

夫が「お父さんが後ろを持ってるから大丈夫」とはげまし、さらに私が「転びそうになったらお父さんが支えるから」とサポートし、娘は1回乗ってみるとうなずいた。

105センチの小さな体が、自転車にまたがる。

よし、いくぞという夫の掛け声とともに、ぎゅっとハンドルに力を入れた娘が、ペダルを勢いよく踏み出した。


自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>の画像1
pixta_39451111_S


大きなヘルメットをかぶり、黒とピンクのTシャツを着た背中が、少しずつスピードにのる。

最初は危なっかしく、でもすぐに軌道を修正し、娘を乗せた自転車は、サイクリングコースの先を目指して進む。

10メートルほど先まで行った時点で、後ろを支えながら走っていた夫が、ぱっと手を離したのがわかった。

風にのる自転車。

前だけを見ている娘。

小さかった背中が、どんどん、あっという間に届かないところまで進んでいく。

乗れた。

スマホのビデオを構えながら、私は心の中でガッツポーズした。なんなら、地面から数センチ飛び跳ねたかもしれない。

前だけを見てペダルを漕ぐ娘は、まだ後ろのお父さんが支えの手を離したと気づいていない。

あきらかに「自転車練習中」とわかる娘とすれ違ったご婦人が、「あら、おめでとう」とばかりに小さく手を振ってくれる。

画面のなかで米粒みたいなサイズの娘を追いながら、私は泣きそうになった。


自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>の画像2
pixta_39867261_S


ただ自転車に乗れただけで、泣きそうになるなんて。

大きくなった娘が聞いたら、「恥ずかしい」ってきっと呆れるに違いない。

でも仕方ない。

だって私は、娘が「はじめて自転車に乗る」までに必要な、数えきれない「はじめて」のステップをいくつもこの目で見てきたのだもの。

身長49センチ、体重3010グラム。

生まれた日の娘は、両手にすっぽりおさまるぐらい小さくて。

用意していた産着に隠れて、ミニチュアみたいなサイズの手足はみえなかった。

はじめての出産。

はじめての育児。

知らないことだらけだった。

生まれたばかりの赤ちゃんの視界ははっきりしないこと。

おっぱいを上げても、数時間で空腹で泣くこと。

そのおっぱいすら、最初は上手に飲めないこと。

にっこり笑うまで、2か月はかかること。

手のひらを握って口に入れることが、手を使う練習だということ。

天井を眺め、ごろりと転がり、つかまり立ちをし、やがて二本の足で立って歩きはじめる娘の視界が、どんどん変わっていくこと。

はじめて自転車を一人で、手と足を使って、全身で前を見つめて進む娘にたどり着くまで、5年半のあいだ、いくつものはじめてを体験してきた。

その一つ一つの記憶が、ぶわっと胸のなかにあふれて、動画をとる私の涙腺を刺激した。

きっと、この先、何度でも、娘のはじめてを見たら私は涙してしまうのだと思う。

どうやったって、赤ちゃんだった彼女の姿が脳裏に思い出されて。

はじめて娘が自転車に乗った日。

小さな背中が、さらに小さく遠くなった日。

それは、お腹で命を育んで、付きっ切りで抱っこし、手をつなぎ、隣にいた日々を思い返す瞬間だった。

そしてこの先、5年、10年と、娘が育つ日々のなかで、この手を確実に離れ、巣立っていく日を見送るための練習の一歩だった。

ああ、いつか大きくなるんだな。

そんな当たり前の未来予想図が、スマホを握って駆け出した私の胸に振ってくる。

自転車を止めた娘が振り返り、はじけんばかりの笑顔で手を振るのが見える。

いつか旅立つその日まで。

輝くようなちいさなはじめてを、もっともっと心に留めよう。

そうすれば、頬を流れる涙だってきっとさみしいだけではなくなるから。

今日という日の、娘の成長の一歩を喜ぶ胸のあたたかさみたいに。



(ライター:サトウカエデ)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自転車にのった姿に、数えきれない君の「はじめて」を思い出した<第三回投稿コンテスト NO.112>