1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>

つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>

つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>のタイトル画像

つみきあそびが大好きな息子さんがいるyakinikuさん。息子さんの自由な発想に、深く感動したというエピソードを綴ってくれました。


子どもが10ヶ月の頃、積み木をするようになった。

ひとつひとつ、積み木をかじったり、じっと見たり、投げてみたり、吟味する。

持ったまま首をかしげ、考え込む。

気が向けば積んでいく。


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像1


最初の積み木は崩すだけだった。

私が積み上げる小さなお城は、輝く笑顔に見つかっては、勢いよく散り散りになった。

いつしか私も夢中になって積み上げていた。

たくさん買い与えた(そんな予定はなかった)おもちゃが散らばる部屋で、子どもは縦横無尽にハイハイする。

子どもに意識を配りながら、城の場所を思案しては、こっそりと積み上げる。

でも崩れるときは親も子も笑っていた。

子どもが積み木を積み上げるようになったときには、言葉にしきれない感動があった。

もう、まずは積み上げるのがすごい。

えっ 指先で器用に持ってる!!

上に重ねられるようになったの?!

崩れたねー!

またチャレンジするんだ?!

すごいね、すごいね。

何をして見せてくれても、嬉しかった。

「すごいね」の言葉に子どもが拍手をするのも可愛かった。

そんな中で、ひとつ、負けたなと思ったことがあった。(勝負ではないが)

それは、子どもの積み木のその先だ。

子どもの積み木は自由だった。


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像2


子どもは積み木だけを重ねるのではなく、ボールも、ぬいぐるみも、私の手も何でも使った。

何でもサンドイッチだ。

サンドサンドサンド!


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像3


柔らかいぬいぐるみに乗った四角い積み木を見ながら、こんなことをしてもいいのか!と思わされたというか、衝撃をくらった。


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像4


私にとっての積み木は、その場にあるパーツで作品を創るものだった。

無意識にそう思っていて、でも子どもにとっては違った。

何かの形ができるようで、でも形にならないような、そんな物体が常に更新されていく。

色んなものを重ねて、ななめや横向きでも平たくてもいい。

自由な子どもは積み木を重ねる。

思えば、子どもが積み木を握って重ねたあの日から、それを喜んだあの日から、私は子どもに深く感動するようになった気がする。

子どもから学ぶことがある。

私にはない発想がある。

子どもは私とは違う人間だ、と改めて思った。


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像5


今では当たり前のようにできるようになった積み木。

子どもに初めて渡したそれには、ひときわ噛み跡がついている。


つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>の画像6


(ライター:yakiniku)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. つみきあそびでサンドイッチ?子どもの自由な発想が教えてくれたこと<第三回投稿コンテスト NO.78>