1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>

息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>

息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>のタイトル画像

わが子の発達の遅れを指摘され、受け入れられずにいた「はぐれ鰯」さん。ある場所で見た光景が、考えを変えるきっかけになったといいます。

息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>の画像1
息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>の画像2


今から三年前、市の一歳半健診へ行った時のことです。

息子はとてもよく動く子供で、検査はスムーズに進みませんでした。

ようやく検査を済ませると、保健師さんに声をかけられ、別室へ案内されたのです。

そこで普段の息子の様子、成長の様子などを聞かれ・・・それが何を意味するのか、その時はよくわかりませんでした。

息子の発達の遅れを指摘されているのだと、気付いたのはしばらく経ってからです。

信じられませんでした。

寝返りも、ハイハイも、歩くのも、他の子よりも早かった息子・・・このまま順調に成長していくものだと、ずっと思っていたから。

―――でも、思えば息子はまだほとんど言葉が出ていない。

目も合いづらい。

呼んでも振り向かない。

突然、目の前の景色が崩れていくような気がしました。

障害があるかもしれない···?

嘘でしょう!

当然すぐには受け入れられません。 

毎日悩み、他の子と比べては自分を責める日が続きました。


息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>の画像3
pixta_53789505_S


そんな気持ちのまま月日は流れ、息子は2歳の誕生日を迎えます。

誕生日当日、家族で水族館へ行った時のことです。

水槽の中で鰯の群れが泳いでいました。

その中で、何匹か群れからはぐれている鰯もいて・・・その姿が、なんとなく息子と重なったのです。

群れの鰯も、はぐれた鰯も、悠々と泳いでいました。

「たとえ群れからはぐれていても、同じ鰯なんだな···」そう思った時

不思議と頭に浮かんだのは

「息子が息子であることに、変わりはないんだ」

ということ。


どうして、息子を見る目が変わってしまったんだろう。

よく食べて遊んで、笑って・・・息子は何も変わっていないのに。

その日から

「人とは少し違うかもしれない。それでも、息子は息子なんだ」

そう思えるようになりました。


息子のちぃは今年で4歳。

お話はちょっぴり苦手ですが、素直で笑顔がとても可愛い子です。


(ライター:はぐれ鰯)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 息子が「はぐれたイワシ」と重なって…障害を受け入れられた日<第三回投稿コンテスト NO.68>