1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>

あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>

あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>のタイトル画像

1歳半になっても、つかまり立ちもしなかった娘さんが心配だったというたまこさん。育児書や周囲の意見を気にしないようにと思っても、やはり胸には不安があったそうです。


長女は破水から3日かかってやっと産まれた第一子。

母乳は出なかったけど、ミルクを飲んで順調に大きくなりました。

首もすわってきて、「次はどんな成長をするんだろう?」とワクワクしながら成長の目安表をよく眺めたものです。

周りの子達が、「うち、寝返りをしたよ!」「ズリバイ始まったよ~」と言い始めた頃、うちの子はまったくしませんでした。

まぁ、破水してから出産まで3日かかったぐらいだからマイペースなんだろう、とあまり気にしていませんでした。



それから「ハイハイしたよ!」と声が聞こえ始める頃、うちの子はようやく寝返りをし、そのままお座りをしました。

あれ?動かないの?成長の目安表がまったくあてにならず、成長の遅れに焦り始めた私。

いつしか目安表を見ないようになりました。

周りが高速ハイハイやつかまり立ちをするようになった頃、うちの子にも変化が。

おしりズリとでも言うのでしょうか?座ったまま、床に手をついてズルズル動き出しました。

なんだこれ~??もちろん周りにはこんな事をする子はいなく、ちょっと浮いた存在でした。


あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>の画像1
pixta_40282901_S


みんなが靴を履いてヨチヨチ歩く頃、うちの子のおしりズリはさらに磨きがかかりかなりの高速移動が出来るようになりました。

おしりはどんどん引き締まり、幼児とは思えないアスリートのような引き締まったおしりに成長。

さすがに不安で、検診のたびに相談するも「いつかは歩くよ。」と言われるだけ。

初めての育児で不安もある中で、周りと違うことに不安は募っていきました。

でも育児書だけは見ませんでした。

絶対今より不安になるだけなのがわかっていたから。

先生も足や股関節に問題はないと言っていたし、大丈夫。この子はマイペースなだけなんだと自分に言い聞かせていました。



周りもおかしいと思っていたのでしょう。児童館で私達親子がいると、ちょっとよそよそしい態度をとられるようになりました。

「あの子は足に障害があるんじゃない?」

「私だったら、心配で大学病院とか行くわー」

子どもの成長は個人差があるのが当然なのに、心無いことを言われたこともありました。

だって足には何も問題はないもの。

この子のおしりズリはこの子の個性なのに。



頭ではわかっていても、焦りと不安が毎日私を襲います。

手を繋いで歩いている親子がとてもうらやましくて、抱っこでしか外を歩けない娘を見て、「私はこの子と手を繋いで歩くことは出来るのかな」と落ち込むことも。

おしりズリがどんどん進化して、手とかかとでうさぎのように跳ねるようになりました。

マイペースな子は自分の道しかいかないのだろうか…。

でも絶対育児書見ない。当時はスマホじゃなかったので、検索も絶対しませんでした。

今より不安になるなんて、とても堪えられそうになかったからです。



月日は流れ、娘は一歳半になりました。

もちろん歩きません。つたい歩きもしません。つかまり立ちさえしません。

そんな中、児童館に行きました。人があんまりいない午後。

お昼寝のリズムも崩れ、児童館の保育士さんと話して気晴らしがしたかったのです。

保育士さんと話している間、娘はおしりズリでお気に入りのおままごとスペースへ。

「娘ちゃん、おしりズリがすごいね!いつかは立つよ、大丈夫だよ、お母さん!」

「そうだといいんですが…」


あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>の画像2
pixta_28978065_S


そんな会話をしていた時、保育士さんが叫びました。

「立ってる!お母さん、娘ちゃんが立ってるよ!」

下を向いていた視線を娘に向けると、娘が…立っていました。

人生で初めて、時が止まったように感じました。

娘はお気に入りのキッチンにつかまり立ちをし、そのままつたい歩きをしたのです。

涙が出てきて、今まで押し込めていた不安が一気に吹き出して、私は泣いてしまいました。



あの時の、あの瞬間、私は絶対に忘れることはないのでしょう。

まさにハイジの「クララが立った!」ばりの感動です。

そんな娘も今は小学4年生。

あの頃あれだけ悩んだのは何だったのかと思うぐらい元気です。

走っている姿を見ると、ふとあの瞬間を思い出します。


(ライター:たまこ)


コンテストご応募は2020年1月5日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. あんよが少しだけ苦手だった娘。初めて立った日の光景が忘れられない<第三回投稿コンテスト NO.5>