1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観

「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観

「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観のタイトル画像

出産・子育てエッセイ『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)が話題を呼んだ作家の山崎ナオコーラさん。本書では「子育てしている自分」を冷静に見つめる視点が印象的でしたが、2人目が生まれた今、どんなことを感じていらっしゃるのでしょうか?


共感や恐怖心が強くなってしまった

―― 最近、第二子がお生まれになったとか?

今は3歳の子と、生後1ヶ月の子がいます。
妊娠中は上の子が少し赤ちゃん返りのような様子を見せたので、生まれたらやきもちを焼くんじゃないかと思っていましたが、生まれたあとは意外とそんなこともなく。

すごくかわいがっていて、「おっぱいをあげたほうがいいんじゃない?」「そろそろオムツを替えたら?」って私に指示してきます。
お腹の中にいたときのほうが、ブラックボックスのようで不安だったのかもしれませんね。


―― 1人目のときと比べて、子育てに変化はありましたか?

雑になったというか……余裕が出てきましたね。扱い方もそうですし、1人目の授乳中は食べ物に気をつけたり、気になることをすぐ検索していましたが、それもしなくなりました。

2人目になってからは心配ごとがあまり浮かばないですね。楽ですけど、1人目のときの特別な緊張感も楽しかったなぁと思い出しています。


―― お子さんを持ったことで、ご自身の変化も感じますか?

自分ではそんなに変わっていないと思うんですが、ニュースなどで子どもの事件や事故などを見聞きすると、より一層「怖い」と思うようになりました。

夢に出てきたり、眠れなくなったり。共感が強くなったように感じ、自分にもこういう一面があったんだと驚いています。

自分としては独身の頃から、子どもがいてもいなくても、そのようなニュースに対して関心を持ち、冷静に対策を考えられる人でいたいと思っていたんです。
でも実際に子どもを持つと、恐怖心のほうが強くなりましたね。自分も凡人だったんだな……と思います。

「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観の画像1


―― 共感する気持ちを獲得したという面もあるのでは?

でもその分、失ったものもあると思います。
自分は今でも「結婚した側」「子どもを生んだ側」に行ったつもりはなくて、一人旅の話や一人暮らしの部屋紹介のような記事には今も興味津々。
独身の頃と同じように楽しんでいるつもりなんです。
でも、もしかしたら、以前ほど独身の方の気持ちに入り込むことができていないかもしれません。自分と違う環境にいる人のことを、一生懸命考えられる人間でありたいなとは思っているのですが。

寂しいから子どもがほしかった

―― エッセイに書かれていた「寂しいから子どもがほしかった」という言葉が印象的でした。

子どもの頃からずっと孤独感があって、そこから逃れたい気持ちもありました。「寂しいから子どもがほしい」なんて言ったらいけない空気が世の中にはありますが。

結局、子どもが生まれても寂しさや孤独感は消えませんでした。それはそうですよね。子どもが生まれたからって寂しくなくなるわけじゃない。孤独は一生抱えていくものなんだなと思います。


―― 2人目を考えたのも同じ理由からですか?

子どもがほしい理由って、はっきりと説明するのは難しいですね。
でも上の子がものすごいスピードで成長していくのを見て、やはり寂しさは感じていました。

最初は私が「全世界」だったのに、だんだんと自立して世界が広がって。この勢いだと小学生になったら全然遊んでくれなくなって、大人になったら別の世界に行っちゃうんだと考えたら、今のこの時期は本当に貴重だなと。

それで、もう1人小さい子がほしいと思ったのかもしれません。

上の子が早めに手離れしそうだったのも後押しになりました。「今ならできる」「生まれて最初の数年さえ頑張れば」。そう思うとほしい気持ちに歯止めがきかなくなりました。


―― お子さんが2人になると家の雰囲気も変わりますよね。

そうですね。より子どもの世界観が強まった感じがします。

子どもが1人だったときは、大人の世界で子どもを預かって育てているような感覚でしたが、子どもが2人になったら、私が子どもの世界に間借りしているような雰囲気になりました。

子どもって小さいのに、空気を変える力がありますね。

「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観の画像2


―― エッセイでは、お子さんを冷静に観察し、フラットな感覚で子育てを楽しんでいる様子が印象的です。

意識して観察しているというより、私のもともとの性格なんでしょうね。

私が子育てをあまりつらく感じていないのは、本当にたまたまだと思うんです。子育てがしやすい環境や夫の性格、子どものタイプ、そういう要素が偶然重なった結果であり、私の努力ではありません。

やはりつらい方は本当につらいようですし、それぞれの環境や事情によるのだろうなと思います。


―― 子育てを楽しんでいる山崎さんの著書を読んで、勇気づけられる人も多いと思います。

どうなんでしょう。やっぱり子育てをつらく感じている人が多数派なのか、「もっと男の人につらさを理解してもらえるような文章を書いてほしい」という意見もあるんですよね。

私は世の中はいろいろな人がいるのだから、いろいろな意見を言ったらいいと思っています。

子育てをつらく感じているなら、そのつらさは発信すべきだし、私のようにたまたま環境に恵まれて「楽しい」と感じている人も、それを隠さず発信していいんじゃないかと思うんですよね。子育ての世界にも多様性があっていいのかなと思います。

この記事を書いた人
Conobieスペシャルインタビューの画像
Conobieスペシャルインタビュー

コノビー世代が気になるあの人に、子育てや日々の思いなどをインタビューするスペシャル企画です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「子どもは親の所有物じゃない。一時的な預かりもの」作家が語る子育て観