1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ずっと協力的じゃなかった…そんな夫を「もう恨むのはやめよう」と思えるまで

ずっと協力的じゃなかった…そんな夫を「もう恨むのはやめよう」と思えるまで

ずっと協力的じゃなかった…そんな夫を「もう恨むのはやめよう」と思えるまでのタイトル画像

家事に育児、仕事もしている私。たくさんのことを抱え込んでキャパオーバーになり、夫婦喧嘩になりました。その時改めて考えてみて、わかったことをお伝えしたいと思います。

1人目の産後は気の回る余裕なし


家事・育児のほとんどを担当し、そのうえ仕事もしている私。

キャパオーバーで夫と衝突してしまった時、「1人目の産後から上手に夫に頼めれば、ここまで全てを自分1人で抱えこむことにはならなかったのかな?」と、じっくり過去を振り返りました。



1人目の産後、もちろん1人で全てをこなすのは大変なので、最初のうちは夫にも頼みました。

おむつ替えを頼んだり、育児や子どもの体調は分からないことも多いので、度々相談することも。

ただ、子どものお世話を頼んでも、子どもが愚図ればすぐ私にバトンタッチな夫。

家事を頼んでもめんどくさそうに断られたり、イヤそうな表情をされたことも。

子どものことで相談しても「それくらいのこと」と捉えられ、話にならないこともありました。



「夫をうまくおだてて頼めばいいのでは?」という意見もあるかもしれません。

しかし1人目の産後は、乳腺炎や便秘など産後の体のトラブルに悩み、初めての慣れない育児に、身も心もボロボロ。

転勤族のため実家も遠く、ワンオペ育児でした。

毎日やることだらけで、分からないことも多く、てんてこまい。

もちろん自分の時間はゼロで、まさに「生きるだけで精一杯」ともいえる状況。

とても他人にまで気が回り、おだてたり、うまくのせたり、家事や育児を教えるといった「心の余裕」は、どこにも残っていませんでした。



そうはいっても、やらなければならない家事育児はひっきりなしにやってくるので、立ち止まることも、休むこともできません。

ドンドンやって家庭を回し、未知の世界である育児をしながら生活しなければならない。

その中で嫌そうに返されたり、めんどくさそうに断られると、悲しい気持ちにもなります……。

モヤモヤしたり、時間がかかるのなら、自分でやってしまった方が心身ともに楽!とも思いました。

もしも、もう一回1人目の産後に戻ることができたとしても、やっぱり私は同じことを繰り返すと思います。

それくらい、産後に他人にまで気が回る心身の余裕はありませんでした。


夫は「ただ分からなかっただけ」かもしれない


では、夫が悪いのでしょうか?

1人目が産まれても生活にほとんど変化のなかった夫側が、もう少し考えたり、動いてほしいとは正直思います。

ただ末っ子が2歳を過ぎたいま考えると、「夫は単に『どうしていいのか分からなかった』のでは?」とも思うのです。



赤ちゃんって、未知の存在で、こんなに小さくて大丈夫だろうかと、親として不安や心配を抱えずにはいられない生き物。

最初の頃、夫が「触るのも怖い」「どうしたらいいのか分からない」という表情をしていたのを思い出します。

その気持ちは、私だって同じ。

産前の私も、「赤ちゃん相手にどうしたらいいのか分からない、ちょっと怖い」と思っていました。

ただ私は育児にドンドンと慣れていきましたが、ほとんど土日しか子どもと過ごさない夫は、「育児の波」に乗られなかったのでしょう。

「分からないなら聞いて!」と思いますが、男性はプライドが高くて相談できない場合もある聴きますし、どちらかといえば夫もそういうタイプ。

また彼の中に、「家事育児は妻に任せておけばいい」という気持ちも残っていたと思います。



夫は最初の育児の波にのり遅れ、その後の子どもとの接し方も、母親に変化した私との接し方も、変化に向き合い試行錯誤しながらも家族になっていく方法も、分からなかっただけなのではないか。

その証拠に、決して家事育児に興味がないわけではないようで、時折「協力しなければいけない…」という気持ちが見え隠れしているのが分かります。


同じ過去なら、変われる未来を目指して


じっくりと「妻目線」で考えても、「夫目線」で考えてみても、どちらも理解できない話ではありません。

そうか、誰が悪いとかそういう話ではなかったのかと、ここにきて気付きました。

誰が悪いというより、夫婦ともにただ「分からない」し、とにかく「心身の余裕がなく疲れていた」。

それだけでのことではないか、と思ったのです。

誰のせいにもしないと、悶々としていた気持ちも少し楽になりました。

夫だけのせいにすると、「どうして一緒に育児をしてくれないの?」とイライラするだけですから。笑



育児は未知の世界で、夫婦2人だけで行うには、心身ともにとても大変。

過去は変えられませんが、お世話や目が離せなくて大変な乳児期が過ぎ、来年は末っ子も入園を控えた今、少しずつできることはあることに気付きました。



たとえば、夫婦のコミュニケーションをほんの少し変えてみること。

お互いに不器用な性格の私たちは、会話を増やしたり、相手の様子をみて話をするタイミングを考えるようにしました。

今日は疲れているかどうか、表情や態度を観察し、話す内容や声のかけ方を変えてみる。

目の前のスマホをただ見ている夫だけでなく、会社に行って疲れている夫の気持ちまで想像してみる。

ちょっとのことですが、夫が育児の話に耳を傾ける機会が増えたように思います。

ただ断言できるのが、これは「末っ子が2歳を過ぎるまでは出来なかった」ということ。

子どもから完全に目を離せない時期は疲れ切り、他人を観察する余裕はありませんでした。



子育てに夫を巻き込んでいくことも大切だと思いました。

わが家でいま、特に大変なのが病院の受診とスーパーの買い物です。

思い切って夫に頼んでみたら…!どれだけ大変なのか、身に染みたようです。

体験することで、理解できることもあるようです。



未就園児もいるわが家は、まだまだ家庭を築いている途中段階です。

ここからまた紆余曲折しながら、「夫婦2人で築く家庭作り」をしていきたいと思います。


コノビー記事投稿コンテスト開催中!!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ずっと協力的じゃなかった…そんな夫を「もう恨むのはやめよう」と思えるまで