1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. 2人ともほぼ一週間でトイトレ完了…!祖母のオムツ外しレジェンド

2人ともほぼ一週間でトイトレ完了…!祖母のオムツ外しレジェンド

2人ともほぼ一週間でトイトレ完了…!祖母のオムツ外しレジェンドのタイトル画像

子育てをしていると、振り返って「あれは一体なんだったんだろう?」ということがありませんか?私の場合、『実母のオムツ外し』がいまだに謎でしかありません。

2歳の春にオマルを購入するも、ほぼ使わず…

11月生まれの長男は、生まれて3回目の夏が、だいたい2歳半あたり。

この年の4月から、幼稚園の未就園児(年少の下の2〜3歳児)クラスに入園していたので、毎日オムツ持参で登園していました。

まわりのお友だちも、ほぼみんなオムツだったと思います。


補助便座としても使えるオマルを購入したのは、そのあたりのタイミングでした。

ためしに何回かオマルに座らせてみましたが、当然のように出ません。


でも、当時は次男が0歳でてんやわんやだったため、「まあ、最初はこんなもんか」と自分に言い聞かせ、次男の授乳に集中しました。

長男は11月生まれ、おむつはずしはなんなら来年の夏でもいいだろう。

日々寝不足だったので、最低限のエネルギー消費でいくことにしました。

夏の実家帰省で、母がいきなりオムツ外しに成功!


我が家の場合、実家が遠方にあるため、夏はまとまった期間帰省します。

その年の夏も10日程帰省したのですが、持参したオマルを見るやいなや母が顔色を変えてきました。


母:「そうかそうか、そろそろオムツとるのか〜」

私:「いやでも全然オマルでしないんだよ」


すると母はいきなり長男を下半身裸の状態にし、手をつないでトイレへ消えてゆきました。

あ〜あ、絶対無理なのに〜、ムダムダ〜〜、お母さんいいよまだ〜〜、ねー聞こえてる?

さっきもオムツにしてたし、出ないよ〜〜〜、もういいから〜〜。


次男の授乳をしながら、トイレに消えた母に、思春期の娘みたいな口調で毒づきましたが、いっさい無視されました。

そして授乳しながら見ていた、どうでもいいワイドショーが終わり、数年前のドラマの再放送が始まったようなタイミングで、突然トイレから歓声が上がったのです。

「○○(長男)、すごーい!出たね〜出たね〜!」

はて?出たと?

トイレで?オマルにもしないのに?

じゃあなんだろ、私は長男が初めてトイレにおしっこした瞬間を今、見逃したの?

えーーーー!!!


トイレに連れて行ってから、歓声が聞こえるまでの時間は、わりとあったと思います(体感30〜40分)。

もうトイレから出て違うことをしてるんだろうなぁ、と思ってたのに、まだしてたんだ!という感じ。

その日はそれ以降も、トイレでのおしっこに成功していたと思います。


数日後には大きい方にも成功。

一回成功したら、そこからは毎日トイレでするようになりました。

大も小もトイレでできるようになり、最終的に夜のパンツ睡眠にも成功。

おしゃべりも、お絵描きも、ハサミも、お着替えも、すべてがゆっくりの長男だったのに、なぜかオムツ外しだけが一発でした。

2歳違いの次男も一週間でオムツ卒業!


さて2年後。

10月生まれの次男も、2歳の夏を迎えていました。

ここでまた母がイキイキと、オムツ外しに参戦です。

0歳と2歳がてんやわんや期なら、2歳と4歳はわちゃわちゃ期でしょうか。

動くものが2体になった分、2年前より過酷ともいえます。

「次男のオムツ外しは、夏の帰省で母に発注」

自分会議では満場一致で、そう可決されていたので、長男のときよりさらにダラしない精神で、オムツと向き合っていました。

そしてまた冗談のように、次男も帰省していた約一週間程で、オムツがとれたのです。

似ているようで似ていない、かぶらないキャラの母と娘


こんな風に書くと、まるでうちの母が、子育ての達人・めっちゃデキる女みたいな雰囲気ですが、どうでしょうか。

実家の牛乳パックは、いつでも4方向から開けられているし、カップ焼きそばは汁を抜かずに、ソースを注いでニッコリ「召し上がれ♡」。

母のうっかりエピソードなら、枚挙にいとまがなく、自営業で忙しかったこともあり、私自身はわりと早い時期から「この人に頼るのはそこそこにしよう」という方針で生きてきました。

小学校高学年あたりから、夏休み明けの雑巾は、弟の分まで私が縫っていたと思います。

ですから「実家に帰省」といっても、炊事洗濯の家事全般は私の担当。

母は満面の笑顔で「最高においしい!」や、「ホテルみたいな洗濯物のたたみ方ね!」と言うだけです。

私は使ったものはできれば元のところに戻して、いつも同じ場所にあってほしいのですが、母は使ったものを、鼻歌まじりに使った場所に置くのが基本。

ヘンゼルとグレーテルが落としたパンくずみたいに、母がどこでどんな作業をしていたかが、分かる仕組みです。

そんな母ですから、家中の筆ペンを集めたら10本以上あったりして、一旦呆れてしまうのですが、そのあと爆笑できるくらいには、私も耐性がつきました。


音楽や芸術など、美しいものが大好きな母は、いつも鼻歌を歌いながら花を活けていて、しいていえばそれが母の担当。

文化的なものを愛でるという部分だけは、DNAを感じますが、それ以外は「なんでこれで親子なんだろう?」と思うことばかり。

でも、もしかしたらこの「似てないキャラ」という点が、重要だったのかもしれません…。

「オムツ外しの奥義」なんてあるの?


筆ペンを10本ためる母なのに、なんでオムツ外しがあんなに完璧だったんだろう?

本当に本当に謎だったんです。

もしかしたら、オムツ外しに悩む、全世界の親子さんを救う、宇宙の神秘が隠されているかもしれない!

満を持して、実家の母に電話してみました。


母:「あのね、とにかくね、暗示にかけるの♡」

私:「暗示?」

母:「そう。ゆっくり、ゆ〜っくり、何回も何回も、だいじょうぶだいじょうぶ、トイレでできるよ〜、○○ちゃんは、トイレでもうできるんだよ〜、できるできる、だ〜〜いじょうぶ、って繰り返し言うんだよ」


なにそれ!

そんなことでできるようになるって、嘘でしょ!

しかも、ちょっとこわいし!!


自分の母ながら、ほんとこの人ちょっと何言ってるかわからない、という状態をおして、取材をすすめました。


母によると、同じことを

1. ゆっくりと

2. 何回も

3. 最高に優しい声で

4. できる限り柔らかく

5. 飽きてきたら別のお話を

…という感じで、トイレに居ることを忘れるくらい、気長に待つそうです。


そして大事なのは

1. 緊張させないこと

2. 急かさないこと

3. 叱らないこと

らしいのです。


そうしていると、どこかの拍子でおしっこが出る。

そしたら信じられないくらい、盛大に楽しく褒めまくるそうです。


「世界に一つだけのオムツ外し」の可能性大。誰かぜひ検証を!


ここからは私の推察なのですが、母のあの声、しゃべり方、独特の間みたいなものが、催眠術みたいに作用して、本当に息子たちは「自分はできる」という暗示にかかった、とは考えられないでしょうか?

なんの学術的根拠もない、この得体の知れぬオムツ外しの奥義。

多分、私のキャラでは無理だと思います。

同じようにやっても、できない自信があります。

あの母だからこそ、2歳半の息子たちを暗示にかけられたとしか、思えないのです。

思えば、歌の上手い母は、普段のおしゃべりも、どこか歌っているようなところがあります。

息子たちは、特徴のある母のその話し方、笑い方を、かなり小さい頃から真似し、親戚の間で爆笑につぐ爆笑をさらってきました。


もし読者の方の中で、この夏、オムツ外しを検討中で「ちょっと自分、このお母さんに近いキャラかも…」という方がおられたら、試してみてはいかがでしょう?(そうじゃない方もダメもとで!)

というか、母以外の方でもこの方法が応用可能なのか、私が知りたいのです!


参考までにもうひとつ、「たまに子育ては誰かに丸投げするとうまくいく」とも言えるかもしれません。

子育てに「まさかこの人が救世主だったなんて!」という瞬間があることを、私はこの経験をするまでわかっていませんでした。

みなさん、子育ては肩の力を抜いて、うちの母のように鼻歌まじりでまいりましょう!


2人ともほぼ一週間でトイトレ完了…!祖母のオムツ外しレジェンドの画像6

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コグの画像
コグ

ライターです。

小6♂(2007年生まれ)、小4♂(2009年生まれ)を育てています。
11年前、都内から9か月のお腹をかかえ北関東にある夫の地元に引っ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. 2人ともほぼ一週間でトイトレ完了…!祖母のオムツ外しレジェンド