1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間

「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間

「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.スプーンをわけて虫歯予防!何歳まで実行できた?

「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間の画像1

※2019年6月17日〜18日(コノビー公式Twitterより)

3歳以上も継続している方が3割


回答を見ると、「3歳以降も継続中」と「2歳まで」が27%で同率トップでした。

しかし、「1歳まで」(24%)、「あまり気にしない」(22%)も20%台と、それぞれの回答に大きな差は見られませんでした。



予期せぬ口移しにショック!!


虫歯の原因となるミュータンス菌は唾液に含まれるので、口移しやお箸の共用は避けるのが賢明です。

とはいえ、どんなに気をつけていても、予期せぬアクシデントに見舞われてしまうケースも…。

とある親御さんは、そのときのことを次のように振り返っています。

「とても気をつけていたのに、私がストローで飲んでた飲み物を子どもが同じストローで飲んでしまったんです」

お気持ち、痛いほどわかります。

筆者もまったく同じ理由で、まさかの口移し状態になってしまいましたから。
息子が1歳半のときでした。

ただ、日本小児歯科学会によれば「養育者に虫歯がないか、治療を完了していれば移りにくい」とのこと。

親の歯磨きや口腔ケアも大切ということですね!

アンケートにお答えくださったみなさん、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間