1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣い

鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣い

鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いのタイトル画像

まだ結婚するずっと前に、職場で鬼上司と言われていたわが夫。ある事件をきっかけに「この人良い人なのでは?」と気になる存在に急上昇したのです。

苦しい時ほど、人のやさしさが身に染みる。

鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像1


当時はカスタマーサポートの仕事をしていました。

夫は私の居たフロアでリーダーをやっていて、同僚からは冗談半分で「鬼上司」と言われていました。

が、働き出してから冗談ではなかった、と思い知ります。

いわゆる「頼りになるけど、厳しい。」上司でした。


鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像2
鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像3
鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像4
鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像5
鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像6



12月の年の瀬に、近隣から出た火が燃え広がってしまい、突然、住む場所がなくなってしまいました。

本当に大変だったのですが、色々な人に助けてもらってありがたかったです。

と、同時に心配もかけてしまい、心苦しくもありました。


なので、周囲が気遣って声掛けしてくれる「大丈夫?」という言葉には、できるだけ「うん、大丈夫、ありがとう!」と答えていました。


実際は、殆ど着の身着のままで焼け出されて、火災の煤を吸い込んで気管支炎にもなり、心身ともにボロボロでした。


久しぶりに出社した所、さすがに重い空気になってしまい『こういうの苦手なんだよなぁ……』と思っていたのですが……



鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像7



すると、のちの夫がそんな私の気持ちを察してか、職場の空気を変えるひと言を言ってくれたのです。

その瞬間、重い雰囲気だった空気が一気に軽くなりました。

そして、いつも通りの笑いの絶えない明るい職場の空気に戻り、それはまるでマジックのようでした。



わたしも軽口を叩けるぐらい、和んだ職場。

数日ぶりの出社で心配されて気が重かったのが、帰りは『 失ったものを買い揃えるために働くぞ~!』と、すっかりやる気を取り戻していました。

鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像8



それ以降、周りの人の異変や不調に一番に気付き、さりげなく気遣いをしているところが目に付くようになりました。

それまでは気付いてなかったんですよね。


良いところが目に付くようになって、急に距離が近付いたように思います。


鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像9



結構感動したのに!
どうやら覚えていなかったようなのです…!!

でも、それだけ夫にとっては些細な気遣いだったのかもしれません。

鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣いの画像10


楽しい時も困った時も、仲良く頑張りたいものです。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ゆたかちひろの画像
ゆたかちひろ

3児の母で、漫画家・イラストレーターやってます
育児で疲れてるときでもクスッと笑って貰える
漫画が描けたらと思って、育児漫画描いてます。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 鬼上司から気になる男性に急上昇! ピンチのときこそ染みた、夫の気遣い