1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェック

バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェック

バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェックのタイトル画像

子どもが生まれて、必要か悩むグッズの一つに「バウンサー」があります。バウンサーっていつからいつまで使えるの?新生児でも大丈夫?など、わからないことも多いですよね。また、持ち運びができるものや電動など、どれを選べばいいか迷ってしまうことも。そこで今回はバウンサーのメリット・デメリットや、安いものからおすすめ商品、さらにレンタルについてもご紹介します。

バウンサーとは?「ハイローチェア」との違い

バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェックの画像1
pixta_50654563_S


バウンサーは、赤ちゃんにとって心地よい揺れを作ってくれるベビーチェアのようなもの。

一時的に赤ちゃんを寝かせられたり、角度が調整できるので椅子代わりに使用できるものもあります。

赤ちゃんを一時的に寝かせられるものは、大きく分けて高さが変えられない「バウンサー」と、高さ調節ができる「ハイローチェア」の2種類があります。

バウンサーは持ち運びができるので、室内の様々な場所に移動できます。

なかには新生児期から使用できるものもあるので、帰省の際にもって帰るという人も。

手軽に使用できて便利なのがバウンサーです。

ハイローチェアに比べ電動のものは少ないですが、安いですし、場所を取りません。


一方のハイローチェアは、キャスターで動かすので、段差のない範囲内での使用になります。

普段床に座る際には低く、ダイニングテーブルで食事をとる際は高くできます。

高さがあるので、赤ちゃんを抱き上げたりおろす際に、腰への負担が軽減されます。

こちらは電動のものも多くあります。

ただ値段が高いので、レンタルで利用するという人も多いようです。


バウンサーのメリット・デメリット

バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェックの画像2
pixta_18426684_S


とても便利なバウンサーですが、メリットとデメリットがあります。

それぞれ詳しくみてみましょう。


バウンサーのメリット


バウンサーのメリットは、ママが料理をしたりご飯を食べる時など、「ちょっとした短い時間」に目が届くところで赤ちゃんを寝かせておけることです。

ワンオペ育児だったり、年齢の近いきょうだいがいると一日に何度も使用する場面があるでしょう。

また、揺れると動いたり、音楽が鳴るタイプもあるので、赤ちゃんにとっては良い刺激にもなります。

電動で揺れるタイプの場合は、ママが動かさなくても寝かしつけができます。

便利ですが、目を離すのは危険なので必ずベルトを着け、ママが赤ちゃんを見ていられる場所で使用してくださいね。

あくまで寝具ではなく遊具ですので、長時間は使用しないようにしましょう。


バウンサーのデメリット・注意点


バウンサーのデメリットをあげるとするなら、赤ちゃんによってはバウンサーを嫌がる子、寝ない子もいるということです。

わが子がバウンサーを気にいるかどうかは、判断が難しいところですよね。

不安な場合は、店舗で実際に試してみると良いでしょう。

バウンサーは安いと言える金額ではないことや、使用期間が短い、タイプによっては場所もとるという問題点もあります。

そのため、バウンサーをレンタルするママもいるようです。


この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. バウンサーは必要?期間はいつからいつまで?安い&おすすめ商品もチェック