1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「授乳って幸せな時間だと思ってた…」おっぱいイヤイヤに私が選んだ道<第二回投稿コンテストNo.28>

「授乳って幸せな時間だと思ってた…」おっぱいイヤイヤに私が選んだ道<第二回投稿コンテストNo.28>

「授乳って幸せな時間だと思ってた…」おっぱいイヤイヤに私が選んだ道<第二回投稿コンテストNo.28>のタイトル画像

苦しい陣痛を経てようやく出会えた我が子。さっそく授乳をと思いきや、まさかのおっぱい拒否に!赤ちゃんは「本能」でおっぱいを吸ってくれるものと考えていたyusamiさんは、どうにも泣きたい気分になってしまったそうです…。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10337000125


38時間の陣痛に耐え、ようやく会えた我が子。

後陣痛で昨夜もほとんど眠れなかったけど、今日から母子同室!

助産師さんから、おっぱいの吸わせ方を教わり、いざ、至福の授乳タイム!

そう……この時の私は、赤ちゃんはみんな、本能でおっぱいを吸うと信じていました。小さな口で、小さな手を添えて、一生懸命におっぱいを吸う、可愛い可愛い我が子の姿を想像していたのです。

しかし、現実は、大違い……。

まず、おっぱいを口にふくませることが出来ない。

「泣いて口を大きく開けた時にカプッと!」

そんな事言われても、そもそも小さい口。そして、フニャフニャの体にグラグラの頭。

抱っこすらままならない新米の母にとって、タイミングよく、おっぱいを口にふくませることが、いかに難しいか……。

(本能で勝手に吸うんじゃないの~!?)

しかも、浅く吸わせてしまうと、痛くて堪らない。乳首の先を吸わせてしまうと、血豆になり、さらに痛みは倍増……痛くて歯をくいしばるほど。

(授乳って、幸せの時間だと思ってたのに……(泣))。



それでも、我が子のために頑張らなきゃ!

そう自分を奮い立たせ、頑張ろうと決めた矢先、今度は、おっぱいを拒否するように。

おっぱいが出ないと悟ったのか、哺乳瓶に慣れてしまったのか、おっぱいを口に近づけただけで、「これじゃなーーい!!」と言わんばかりに、グイーッと手でおっぱいを押し退け、ギャン泣き。

(泣きたいのは、こっちだよ……)

助産師さんのアドバイスで、乳頭保護器をつけて、哺乳瓶の乳首の感触に近づけてみたりと、試行錯誤の日々。

(おっぱいが出るようになれば、吸ってくれるはず……!)

しかし、なかなか出るようにならず、おっぱい(私)を嫌がる我が子に、心が擦り切れていく。


涙が止まらない……。



いつしか、授乳は、身体的にも、精神的にも辛い時間になっていました。

(こんなに泣かせて、私は、何の為に頑張っているんだろう…?私もこの子も辛い、この時間に、何の意味があるの…?)

(3ヶ月。3ヶ月頑張って、変わらなければ、もう母乳をやめよう!)

そして、私は母乳をやめました。

後ろめたい気持ちも、僅かにありましたが、子どもの為にも、やめて良かったと思っています。

夫も「ミルクなら、俺もあげられるし!」と、子育てに、より積極的になった気がします。

結果的には、良かったけれど、

まさか、赤ちゃんにおっぱいを拒否されるとは……

これが、私が子育てで一番驚いたことです。


ちなみに、2番目の我が子は、出なくても、ずーっとおっぱいを吸い続ける、おっぱい大好き赤ちゃんで、無事(?)、イメージ通りの“本能で吸う”を体験できました。

(私のおっぱいが悪い訳じゃなかった…!?)

そして現在、断乳がなかなか進まず、母乳もミルクも、良し悪しだなー、と改めて感じているところです。


ライター:yusami



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「授乳って幸せな時間だと思ってた…」おっぱいイヤイヤに私が選んだ道<第二回投稿コンテストNo.28>