1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 新幹線の子供料金は?膝の上でも大丈夫?子供連れ新幹線攻略マニュアル

新幹線の子供料金は?膝の上でも大丈夫?子供連れ新幹線攻略マニュアル(3ページ目)

新幹線の子供料金は?膝の上でも大丈夫?子供連れ新幹線攻略マニュアルのタイトル画像

帰省の際、子供と新幹線に乗るのは不安だという方も多いのではないでしょうか。年齢の幼い子供は、長時間車内にいるとすぐに飽きてしまい、騒いだり、泣いたり、周囲の人にうるさい思いをさせていないかとヒヤヒヤしてしまいますよね。そこで今回は、子連れで新幹線に乗るときの注意点や、膝の上でも大丈夫か、子供料金・格安のチケットの有無などについて詳しくご紹介します。

新幹線の子供料金は?膝の上でも大丈夫?子供連れ新幹線攻略マニュアルの画像1
pixta_24089802_S


長い時間を飽きずに過ごせるよう、折り紙、お絵描き、トランプなど、机でできるもの、音の出ない絵本などを持っていきましょう。

タブレットなども良いでしょう。充電器も忘れずに。

帰省の移動は子どもを膝の上にのせたり、デッキに移動したり、大荷物を抱えるなど、大人も一苦労。

便利なものを使って、車内では休んで体力を温存しましょう。


ウエットティッシュやビニール袋


おしりふきは、オムツ替えだけでなく手や口を拭くのにも便利です。

子どもは車内で様々なところに触れるので、すぐに取り出せるようにしておくと良いでしょう。

ビニール袋も様々な用途に使えます。

汚れものやゴミ、子どもがこぼしたものを拭いたハンカチをいれたり、使用済みのオムツを入れることもできます。


子供用のヘッドホン


タブレットで動画を見る際に、子ども用のヘッドホンを用意しておきましょう。

折り畳んで持ち運べたり、音量制限が付いていて、耳にダメージを与えるほどの大きな音が出ないものもあります。


子供の料金はいつからかかる?


子供の年齢が何歳になったら子供料金がかかるようになるのかも、気になるところですよね。

「こども」は6歳~12歳未満ですが、6歳でも小学校入学前は「幼児」になり、子ども料金はかかりません。

日本の学校が4月から新学年になるため、小学校に入学する年の4月1日から「こども」運賃が適用されます。


子供用の格安チケットはある?


新幹線に乗るなら、料金はやはり安い方が良いですよね。でも大人の格安チケットはあっても、子供のものはなかなか見当たりません。

そこで利用したいのが「早特」という制度です。

例えば、のぞみを利用して、東京から名古屋へ行く場合、子供の普通車指定席の正規料金は5,540円となります。ところが「EXのぞみファミリー早特」を利用すれば4,880円で購入することができ、660円もお得なんです。

これは、2名以上で土休日に利用できる席数限定の商品で、乗車日の1ヵ月前(10:00)から3日前(23:30)まで購入することができます。

チケットを購入するためには年会費(1,080円)を支払う必要がありますが、1度往復すれば元がとれてしまうので、小学生のお子さんをお持ちの方はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。


しっかり用意して疲れに備えよう!

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 新幹線の子供料金は?膝の上でも大丈夫?子供連れ新幹線攻略マニュアル