1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 産後は大変だったけど…「お兄ちゃん大好き次男」をみて長男への感謝が止まらない!

産後は大変だったけど…「お兄ちゃん大好き次男」をみて長男への感謝が止まらない!

産後は大変だったけど…「お兄ちゃん大好き次男」をみて長男への感謝が止まらない!のタイトル画像

2人目の産後って、初めての複数児育児に悩むものですよね。上の子優先も実際は難しいし、「上の子可愛くない症候群」に悩むことも…。長男8歳、次男3歳8ヶ月、長女1歳半のわが家も、2人目の産後は罪悪感だらけでした…。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10567001542

罪悪感だらけの2人目の産後


2人目の産後は、罪悪感の塊でした。

世間でいう「上の子優先」は、実際やるとなると次男のお世話に手がかかり、なかなかうまくいきません。

2人分のお世話にいっぱいいっぱいで、長男もまだ小さいのに、「早くしっかりしてよ」とイライラすることも。

次男は夕方になると黄昏泣きを2時間したため、幼稚園から帰ってきた長男には毎日テレビを見せていました。その小さな背中に涙したことも、何度もあります。

上の子に寂しい思いをさせるし、かといって下の子もほっとけない。長男の前で次男を可愛がりづらい、けれど小さな次男は可愛い。

まるで本妻と愛人を抱える男性気分(!?)で、複雑だったことを覚えています。

「お兄ちゃんの真似」で何でも早い!


さて、現在3歳8ヶ月の次男は、お兄ちゃん大好き。

「お兄ちゃん命!」で、何でもお兄ちゃんの真似をするし、お兄ちゃんと同じものを好みます。

愛情で例えるなら長男は「ママ100%」、次男は「ママ50%、長男50%」、長女は「ママ40%、長男30%、次男30%」といったところでしょうか。

それゆえ、2人目は「1人でできること」も、いろいろ早かったように思います。


長男のときは嫌がって教えるのも苦労した、ハミガキ、着替え、お箸、外出時の帽子、トイトレ。

お兄ちゃんの真似をして、次男はすすんでやってくれます。

外出先のトイレも、3歳から長男と次男2人で男子トイレに行ってもらっています。

長男1人で男子トイレに行かせるのは、小学校に上がりたての頃でも不安だったような…。


次男はイヤイヤ期も激しかったのですが、長男が「アイス食べる?」「テレビ一緒に見よう」と聞くとおさまることもありました(そのままギャンギャン泣き続けることもありますが)。

毎日イヤイヤに対応していると、たとえ偶然だったとしても、とても助かったものです。

幼稚園の準備もお兄ちゃんと一緒

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 産後は大変だったけど…「お兄ちゃん大好き次男」をみて長男への感謝が止まらない!