1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>(2ページ目)

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>のタイトル画像

「出産のかたちは十人十色」。ししゃもさんはご自身の出産を通して、それを強く感じたといいます。


手術開始から30分後くらいでしょうか、無事長女が誕生しました。

お腹から出てきた娘の顔は、「コピーか!!」と思うほど夫にそっくり。

遺伝子って不思議だなーと、妙に冷静になった私。

思い描いていた感動のシーン感じではありませんでしたが(笑)、その時の娘の顔は今でも覚えています。

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>の画像1


術後は発熱と猛烈な喉の渇き、麻酔が徐々に切れて感じる痛みで疲れているのにほとんど眠れずに朝を迎えました。

そしてここから、痛みとの戦いが始まるのです…。

お腹切っているのだから痛いのは当たり前ですよね。

いや痛いとは思っていました。

でも本当、想像より遥かに痛かったです。

歩くのも、トイレも、食事も、何をするのも痛い。

というか何もしてなくてもずっと痛い。

こんな身体で赤ちゃんのお世話なんかできるのかと、心底不安になりました。

けれど人間の回復力とは素晴らしいもので、術後2日目には格段に良くなりました(それでも元通りには程遠いですが…)。

この日から母子同室開始。

オムツ替えに授乳、何もかも初めて。

おっぱいを飲むのも飲ませるのも初めて同士で最初は全然うまくいきませんでしたが、そこはプロ(助産師さん)に頼りましょう!

おっぱいの大きさや形、赤ちゃんの飲み方を見て、もらえるアドバイスは的確で、とっても助かりました。

コットの中の小さな娘は、よく見ると私に似ているところもあったりして…。

今まで出会ったどんな生き物よりかわいくて、痛みが少し薄れたような気がします。

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>の画像2

退院前日にはお祝い膳をいただきました。

私が入院した産院のお祝い膳は、シェフが目の前で焼いてくれる鉄板焼き。

パジャマ姿・すっぴんでいただく鉄板焼き…こんな体験なかなか出来ないなと思いつつ、A5ランクの松坂牛を堪能しました。

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>の画像3


濃密な5泊6日の入院生活により、病院スタッフの方や一緒に入院しているママさんたちとも仲良くなっていたので、退院時はさみしい気持ちになりました。

「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>の画像4
この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 「これはスーパー安産なのでは…!」と思っていた私のまさかの出産体験談<投稿コンテストNo.80>