1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>のタイトル画像

出産に関するあらゆる不安材料をネットで調べていたはずのHIGAさん。産後、とても大事な点を見落としていたことに気づいたそうです。


30代後半に差し掛かった頃、ようやくはじめての子を授かりました。

周りに子持ちの友人もおらず、もっぱら情報源はGoogle。

妊娠中・出産前後に起きるあらゆる不安と、それを解消しそうなキーワードをつっこみ、片っ端からブクマしていきました。

出産自体はとても怖かったけれど、どこかで「みんなあたりまえにやってる」とどこかで楽観視している自分もいたように思います。

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>の画像1


検診に行くたびちょっと気になっていたのが「助産師外来」という診察室。

自分と同じような妊婦の方がそこへ吸い込まれて行くのに、一度も案内されたことがなく、どうやらおっぱいケアをしてくれる所らしいぐらいしかわからないけれど、「まぁ臨月が近くなれば私も案内されるのかも」なんて、のんきにかまえていました。

早い時期からのおっぱいマッサージは早産になりやすい、という情報をみかけたこともあり、おっぱいの事は予定日近くなってからでいいやと先延ばしにしていたのです。

ところが正産期まであと一週間というところで早産になり、心の準備も物理的な準備も整ってないまま、あれよあれよというまに子供が産まれてきました。

※全然関係ないのですが、出産中何故かずっと下図のイメージで力んでいました。

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>の画像2


赤ちゃんを迎える準備はこれからバタバタだけど、何にせよ安産で良かった。

正直、私はどでかい一仕事終えた気分でした。

これからは寝不足で大変だけど、穏やかで幸せな時間が始まるのだと疑ってませんでした。

ところが、です。

お乳がでない。

産んだその日こそ授乳はなかったのですが、翌日から3時間置きの授乳タイム。

出ない。にじむようにしかでない……デナイ……。

哺乳瓶で飲ませるために絞っても、鍾乳洞からじんわりにじんでようやく垂れてくる水滴ぐらいのスピードでしか溜まっていかず。

助産師さんの痛い痛いマッサージと搾乳で、ようやく授乳が終わったころには、次の授乳時間まであと1時間を切ってることなんてザラでした。

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>の画像3


助産師さんに、病室で「時間あるかぎり乳頭マッサージしてね!」と言われてやり方も教わったのですが、乳頭マッサージをしようとすると、とたんに何故かとてもブルーな気持ちになりました。

どうしても触りたくない。おっぱいのことを考えたくない。となってしまっていました。

後になって、Twitterで「授乳時にブルーになる方が居る」というのを見かけて、これに近いかもしれないと思い、納得した覚えがあります。

マッサージできない事や、おっぱいが出ない事、また、息子に黄疸がでて光線療法をすることになり、保育器の中で目隠しをされてうつ伏せで寝ている小さな背中をみて、ショックで涙がでてしまいました。

でも、泣くだけ泣いたら少しスッキリして、頑張れそうな気がしました。

翌日からブルーになっても気づかないふりをして、ただ淡々と無心でマッサージを続けました。

少しずつ、少しずつ出る量が増えていきました。

退院した翌日にびっくりするぐらいおっぱいが張って、今度は溜まっているのに出せないという、針の先ほどの穴から粘土を絞りだすようなもどかしい授乳がはじまりました。

その結果、乳腺炎になってしまうのですが、受診した救急病院で、ベテラン看護師さんが教えてくれた授乳のアドバイスがとても役に立ち、その後は快適な授乳時間を持てるようになりました。

「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>の画像4


振り返ってみると、あらゆるキーワードで検索してたはずなのに、「授乳」に関するものは、あとから見返すとなぜかとても手薄でした。

激しい痛みを伴う出産よりも強く、『みんなあたりまえにやっている』というバイアスがかかっていたのだと思います。

事前に「あれが起きるかも」「こうなったらどうしよう」と恐れて検索してブクマしまくっていた私。

そのどんな不安材料よりも、私にとっては「みんなあたりまえにやっている」と思い込んで楽観視していた授乳こそが、一番強敵だったなと思うのです。


ライター:HIGA

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 「あんなに検索してたのに…!」産後わたしを待ち受けていた落とし穴<記事投稿コンテストNo.53>