当時付き添ってくれた夫と母の話では、ひとりはNICUへ、もうひとりはNICUを免れたものの、保育器の中で看護師さんが見ててくれるらしい。

私がわが子とご対面できるのは翌日になるんだそうだ。