1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 夏休みまでに売り切れ?!ランドセル選び、我が家の場合

夏休みまでに売り切れ?!ランドセル選び、我が家の場合

夏休みまでに売り切れ?!ランドセル選び、我が家の場合のタイトル画像

もうすぐ小学生!
ともなれば、気になるのはランドセル。
昔は問答無用で男の子は黒、女の子は赤でしたが、今はバリエーションが豊富なんです!そんなランドセル選びの我が家の場合をお話しします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10417001178

就学準備の花形といえばランドセル選び

小学校に行く前の準備というと、まっさきに思い浮かぶのがランドセル。

毎日背負っていく上に長く使うものなので、親としても選ぶのに気合いが入ります。

我が家も今年、次女が小学校にあがったので、昨年はランドセル選びに奔走しました。

今は本当にカラーが豊富!

定番の赤はもちろん、ピンクやチャコール、水色などなど。しかもメーカーによってデザインや重さが違って、さらに毎年ニューバージョンが出る!

ランドセル商戦恐るべし……。

ランドセルを買う時期は?


春から使うランドセルですが、人気のモデルは早めに予約する人が多いみたいです。特に幼稚園の年長さんの夏休みには大半の人が決めてしまうとか。

え?!夏?!
ランドセル買ったあと半年も眠らせるの?と…。

ちなみに前年のモデルが夏前に安くなるので、最新のを買うか、型落ちを買うかでめちゃくちゃ迷いました。

だって今は最新でも、6年経ったら6年前のモデルですよ。「大差なくない?」と思ってしまい……。

しかし、それを阻むのがテレビCM。

バンバン繰り出されるCMに、次女が食いつくのは時間の問題でした。

夏休みまでに売り切れ?!ランドセル選び、我が家の場合の画像2

「えっ!その色?!」我が子と意見があわない時はどうする?!

コマーシャルを見てなんとなく欲しいタイプのランドセルが決まり(ハートがついてキラキラしているのが良かったそうです)いざ売り場に行ってみると、次女が選んだのは水色のランドセル。

え、今までの人生で一回もその色が好きだなんて言ったことないよね……?!

頭の中でぐるぐるとアラームが鳴りました。

今はこれが好きかもしれない。

でも、半年後、ジャスト入学の時に「この色やだ」って言わない?

いや、言うよね?きっと。今までのパターンからすると絶対言うよね?

そもそも普段はピンク派なのになぜこれを選んだの……?

警報と葛藤が入り混じった末に私が言った一言。

「1週間後にもう1回来ようか?」

次女「いや!!!!」

ですよねぇ。ランドセル買うって言って今日来たわけだし、次女もランドセルを手放しません。

「6年使うんだよ? 本当にその色で大丈夫?」

こくこくとうなづく次女を信じて、水色のランドセルを購入しました。


まとめ


そして今現在、晴れて新1年生となった次女は、ランドセルが大のお気に入りです。

色に関して1回も文句を言ったことはありません。
(教科書がみっちり入ったら重いとは言いました)

毎日、自分が選んだランドセルを、うれしそうに背負って行きます。

新一年生の教室では、女の子たちはまずランドセルの話をしたそうです。

「わたし、この色にしたの!」
「この飾り、かわいいでしょ?」
「わたしはここがお気に入り!」

(じ、女子だね)

次女「みんなのランドセルもかわいいって言ったけど、私は自分のランドセルが一番好き」

(うん、みんなそう思ってると思うよ。他の子のランドセルも素敵だけど、自分のランドセルが一番輝いて見えるよね)

自分が本気で選んだものはきちんと好きになるんだなぁと、母も勉強になりました。

しかし、次女の他のグッズはピンク一色なのに、なぜランドセルだけ水色かは未だに謎です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
広瀬まおの画像
広瀬まお

すちゃらかママン11年生。
小学校5年生の長女と1年生の次女、猫のスゥさんと気ままな3人暮らし...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 夏休みまでに売り切れ?!ランドセル選び、我が家の場合