1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの自己肯定感を育む声掛け~子どもにかけたい「魔法の言葉」~

子どもの自己肯定感を育む声掛け~子どもにかけたい「魔法の言葉」~

子どもの自己肯定感を育む声掛け~子どもにかけたい「魔法の言葉」~のタイトル画像

ママがかける言葉が子どもに与える影響って大きいですよね。子どもにとって大好きなママだからこそ、ママの言葉で「魔法」をかけることができるのです。子どもの自己肯定感を育む声掛けをご紹介します。

言葉が子どもに与える影響とは?

「チチンプイプイ、いたいのいたいのとんでいけ~」そう言われながら痛いところをさすってもらと、痛みが和らぐ体験をした人は少なくないのではないでしょうか。



大人になっても、つらいときに「きっと大丈夫」「たいしたことないよ」と言われると安心します。そして「〇〇さんは信用できるね」「一緒にいるだけで安心するよ」と言ってもらうと自信がつきます。大人になってからでもそうなのであれば、人格形成途中の子どもへ与える影響は計り知れません。



私は、母親にかけられた言葉の積み重ねが人格形成に大きく影響すると思っています。そして、親から子への言葉には「魔法の言葉」と「呪いの言葉」があるように思うのです。

子どもにかける魔法の言葉

たとえば子どもが何かを頑張ろうとしているとき、「きっとうまくいくよ」「〇〇ちゃんならだいじょうぶよ」と言われている子どもは安心感と勇気を持つことができます。



もしも失敗しても「たまたま失敗しただけよ、次はうまくいくわよ」と言われると、励みになり頑張れるような気がする。これが魔法の言葉。

子どもにかける呪いの言葉

これに対して、「〇〇ちゃんにはできるわけがない」「また失敗するんじゃないの?」と言われている子供は緊張します。もし失敗しても「だから言ったでしょう」「ほらやっぱり」と言われると、自信をなくしてしまいます。これが呪いの言葉。

「今日もきっといいことがあるわよ」

朝起きた時には「今日もきっといいことがあるわよ」、幼稚園や学校に行くときには「楽しいことが起こる予感がするね」、お友達と遊んでいるときには「〇〇ちゃんのまわりには、いつもいいお友達がいっぱいいるのね」…。



そして失敗した時には「大丈夫、たまたまよ」「〇〇ちゃんが失敗するなんて珍しいね」…そんな言葉をかけ続けてあげたい。



「赤ちゃんのころからスゴイ子だったんだよ」「〇〇ちゃんは天才だから」「才能があるねえ」「きっとうまくいくよ」と、やる気と勇気と自信につながる魔法の言葉をどんどん伝えてあげたい。



この言葉の根拠なんていらないのです。あえて言うなら「だってママの子なんだから!」



そんな「魔法の言葉」のシャワーを伝え続けたい。「ママと話していると頑張れる気がする!」「ママと話していたら自信がついた!」そう思ってもらえるように。ママは子どもに魔法をかける魔法使いにもなれるのです。チチンプイプイ~!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

個性と自己肯定感 自己肯定感・自己効力感 声掛け

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの自己肯定感を育む声掛け~子どもにかけたい「魔法の言葉」~