1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉のタイトル画像

家事、子育て、仕事…。今の自分は一体どこまで頑張れているのか。そもそも頑張っているのか。いや、頑張らないといけないものなのか?…そんな疑問すら持たずに、日々突っ走っていた頃のお話です。

こなすのが当たり前だと思っていた

我が家はステップファミリー(再婚家庭)です。

夫の連れ子の良き母になりたくて、一生懸命だった頃のこと…。

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像1
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像2
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像3
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像4
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像5

しかし…それは前触れもなく、ある日突然やってきた

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像6
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像7

すると…

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像8
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像9
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像10
「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像11

家事、子どもの世話、仕事。

これらは日々の「ルーティン」化されていて、それらを毎日こなすことに慣れると、「やって当たり前」という感覚になっていたんです。

でもこれって「やって当たり前」じゃないんですよね。

例えば、掃除機を毎日かける人、2~3日に1回の人、1週間に1回しかかけない人…。様々なタイプがいると思います。

要はその人のやり方で、その家庭がちゃんと回っていれば問題ないわけなんです。

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像12

つい周りの出来るママさんと比べては「自分はまだまだ…」「どうせ私なんて…」と、落ち込んでしまったり…。

母親になって、全てのことが初めてだらけだったから、どこの母親もこれぐらい忙しいもんだと勝手に思い込んでいたり。

それらの思い込みで、またさらに自分の本音を気付きにくくなっていたんですよね。

「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉の画像13

まずは思い込みを捨てて、自分の本音に気付くこと。
なかなか気付けない場合は、人に相談すること。

そして、自分が疲れていることを知ること。
気付いたら潔く手を抜くこと。


そうは言っても、仕事や子育ては人の命や大切な責任を負っている分、なかなか手を抜けない部分があったりするので…。

もっとも手を抜きやすい「家事」からやり方を変えてみるのがいいんじゃないかな~と思った出来事なのでした。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ネコおやじの画像
ネコおやじ

二児の子持ちのシングルファザーと結婚し、ただいま継母歴6年目のアラサー主婦です。
複雑な再婚家庭ではありますが、いろんな葛藤や壁を乗り越えながら楽しい日々を送...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 「夫の連れ子の、良き母になりたい」全てに必死で壊れそうだった私を救った言葉