お互いに自分の主張を言い合ったり、相手の言い分を聞いたりする中で、コミュニケーション能力や人との関わり方が身についたりして、ケンカから学ぶこともたくさんあるそうです。

また、意外と子ども同士で仲直りして解決したりもするので、途中で親が仲裁に入って止めてしまうと、社会性を身につけるチャンスを逃すことになってしまいます。

もちろん、エスカレートしそうなら止める必要もありますが…

※諸説あるので、これに限るわけではありません…