1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめた

子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめた

子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめたのタイトル画像

元幼稚園教諭で、三人の子どもの父親でもある玉川大学大学教授の大豆生田啓友先生。

NHK教育テレビ『すくすく子育て』では、ママやパパへの温かいアドバイスが印象的な先生ですが、まだお子さんが幼かった頃には、「こんなはずじゃなかった」と落ち込むような経験をした時期もあったそうです。

いまの親世代に伝えたいこと。前編と後編に分けて、お届けします。


── 今日はよろしくお願いします。研究室にお邪魔しました。


狭いところですみませんね。そこのソファーにどうぞ。


── ありがとうございます。大豆生田先生は、NHKの『すくすく子育て』や講演会などでは何度もお話を伺っているのですが、今日は直接お会いできるということで、楽しみにしてきました。


恐縮です。


── それではさっそくですが、まずは先生ご自身の子育ての経験談から伺っていこうと思います。


自分はイクメンだと思っていた


── 大豆生田先生は幼稚園教諭のご経験もありますが、実際に父親になってから、「子育て」に対するイメージの変化みたいなものはあったのでしょうか。


ありましたね。僕は大学院まで行って幼児教育のことを専門的に勉強して、その後幼稚園の現場の担任もしていましたから、どう考えたって「自分は誰よりも子育てができる」と思っていたんですよ。

子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめたの画像1
子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめたの画像2

<プロフィール>
大豆生田 啓友(おおまめうだ ひろとも)
1965年生まれ。
玉川大学大学院教育学研究科教授。
専門は乳幼児教育学、保育学、子育て支援。
著書に『子育てを元気にすることば』(エイデル研究所)、『マメ先生が伝える 幸せ子育てのコツ』(赤ちゃんとママ社)など多数。
NHK「すくすく子育て」に専門家として出演し、あたたかくも親にとって気づきのあるコメントが人気。2男1女の父。

子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめたの画像3


── 自信があったのですね。


そうです。幼稚園で働いていた頃は、保護者に対して「お母さん、もっとこうやればいい」「お母さん次第で、子どもはいくらでも良く育ちます」なんて言ってましたから。

結婚して子どもが生まれてからも、しばらくは「僕はイクメンのはしりだ」ぐらいに思っていました。

ところがある日、妻から「あなた、言ってることとやってることが違うんじゃない?」と言われたんです。

「子育ては、ほとんどやっていないようなものよ」って。

この記事を書いた人
渡辺 龍彦 / コノビー編集部の画像
渡辺 龍彦 / コノビー編集部

コノビー編集長
編集部のスタッフにお尻を叩かれながら一生懸命働いている。
料理と美術を愛する。
障害者の就労支援施設・発達障害児向け教育施設のマネジメント...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子育てに自信があった僕は、妻の一言で目がさめた