1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。のタイトル画像

子どもの成長は親にとってとても喜ばしく、楽しみの一つでもあります。一人目の育児の時は特に。しかし1歳半頃から、遅れ始めた長男の成長に少しずつ焦りを感じるようになり…

初めての育児で1番の楽しみは、子どもの成長

1歳過ぎまで順調に成長してきた長男。

基準となる"成長の目安"よりも、早くにできることが増えていくので

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像1

なんて、思うこともありました。

しかし1歳半頃から"成長の目安"よりも、できることが遅くなったように感じ

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像2

次第に、成長が早かった頃は気にならなかった「周りの子の様子」が気になるように。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像3

それからは…

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像4
成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像5

"基準"に縛られてしまい、焦ったり悩んだりすることが多くなりました。

ところが、次男1歳3ヶ月の頃

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像6
成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像7
成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像8
成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像9
成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像10

長男の時は同じ月齢でできている子がいるなら、長男にもできるはず。できないとおかしい。

と思いながら過ごしていたのですが、

次男の時には
「遅い子もいるんだから大丈夫」
「そのうちできるようになる」


と思えるようになっていたことに気がつきました。

それはゆっくりだけど、自分のペースで成長している長男の様子を見ていたからなのです。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像11

まだ生まれてから、たったの3年

できないことがあって当たり前だし、これからの長い人生で一生できないわけじゃない。

できることに目を向けて伸ばし、
できないことはゆっくり、できるようにすればいい。


大人でも運動が苦手な人、計算が苦手な人、手先が不器用な人がいるんだから。

できるようになるためにサポートはしていきますが、肩の力を抜いて「この子にはこの子のペースがあるんだ」と改めて思えるようになりました。
そうすることで私も長男もぐんと過ごしやすく、また私自身の焦る気持ちも軽くなりました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぽんぽんの画像
ぽんぽん

北海道在住の三十路主婦。
2013年5月生まれの長男と2015年5月生まれの次男と夫の4人家族です。
ごくごく一般的だと思っていた2歳差育児がこんなに大変だ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。