1. >
  2. ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣ける

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣ける

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣けるのタイトル画像

あたたかくなると、お弁当をもってどこかにお出かけに行きたくなりますね♪でも、この季節から気になり始めるのが「食中毒」。菌やウイルスから家族の健康を守るためにも、手洗いは欠かせません。

PR LION

春は「菌」増殖の季節!

子育て家庭の大敵といえば・・・
そう、バイ菌!

冬場は風邪やインフルエンザ、夏場はノロウイルスや食中毒と、子育て家庭を脅かす「菌」や「ウイルス」。

春は目立った感染症が他の時期より少ないため、つい油断しやすいですが、実は気温の上昇とともに菌が増殖しやすい季節です。

家庭内感染によって、一家総出で寝込んでしまう・・・なんていう最悪な事態を避けるためにも、日々のバイ菌対策は欠かせません。

特に赤ちゃんが生まれてからは、菌に対してとても敏感になり、除菌ウエットティッシュが手放せない!という人も多いのではないでしょうか。

ハンドソープに殺菌効果はある!でも気になるのは、その容器・・・!?

バイ菌対策の中でも、毎日欠かせないのが「手洗い」です。

でも、中身のハンドソープにいくら殺菌作用があったとしても、気になることが一点・・・。
それは、ハンドソープの「容器」!

手を洗う前にPushするポンプの上部、ポンプヘッドの清潔さが気になったこと、ありませんか?

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣けるの画像3

アンケートによると、64%の人が「ポンプヘッドに菌がいそうで気になる」と回答しています。言われてみれば、手を洗う前の汚い手で触るポンプヘッドには、菌がうじゃうじゃいてもおかしくありません。

ハンドソープ市場初(*1)!バイ菌を増やさない抗菌ポンプヘッドをキレイキレイが採用

ポンプヘッドの菌が気になる・・・という消費者の声を受け、泡ハンドソープで有名なキレイキレイが採用したのが、「バイ菌を増やさない抗菌のポンプヘッド」です!

(*1)抗菌製品技術協議会2015年11月現在登録製品において

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣けるの画像4

この抗菌ポンプヘッドは、樹脂に抗菌剤を練り込むことで菌の増殖を抑える働きを持たせているとのこと。

実験として、当社抗菌ポンプヘッドにそれぞれ菌液を付着させてから24時間後を比べてみました。すると・・・

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣けるの画像5

このような結果に!

子育て家庭には嬉しい結果ですね。

抗菌ポンプヘッドの秘密を詳しくみる! Link icon

どこまでもバイ菌を減らしたい!キレイキレイの開発魂に泣ける・・・

気になると言えば気になる、でも、見落としがちなハンドソープの容器。

そんな容器のポンプヘッドに着目し、大量の菌がいるということに気がつき、ポンプヘッド自体を抗菌にしてしまおう!と考えたキレイキレイの開発魂には、感動すら覚えちゃいます。

子育て家庭に嬉しい細かい配慮がつまった、新しいキレイキレイ。

「抗菌ポンプヘッド」のシールを目印に、お近くの薬局やスーパーで見つけてみてくださいね♪

ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣けるの画像6

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

  1. >
  2. ここまで来たか!ハンドソープの「ポンプヘッド」を抗菌した、キレイキレイの開発魂に泣ける