1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!

所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!(2ページ目)

所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!のタイトル画像

エルゴベビーの抱っこひもが12月から日本限定の新仕様に!より安全に赤ちゃんを抱っこできるようになるそうです。ニンプス読者のママたちに人気の抱っこひものカスタマイズアイテムもご紹介します!

とても便利で快適な抱っこひもですが、使わない時にウエストからだらんと垂らして固定しているママがとても多いもの。
またいつ抱っこするかわかりませんし、ウエストにつけたままにしておきたい気持ちも、もちろん分かります。

また、ベビーカーの荷台に入れたとしても案外かさばるもの。使わない時の抱っこひもは、ウエストにつけておくのがベストポジションだったりします。
とはいえ、「ふんどし」のようになってしまい見た目が若干残念になってしまうんですよね。

そんなママの気持ちに応えてくれるのが、この商品です。
使わないときはコンパクトに収納でき、そのままウエストに付けておいてもOKです!

所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!の画像1
使い方を写真で解説!

さまざまな柄がありますが、私のイチ押しはこちらのリバティ柄。

英国リバティ社の生地を使用したこちらは「リバティ × エルゴデザイナーライン」との相性もぴったり。リバーシブルなので、パパが使用するときは無地の柄を表にするとよいかもしれません。

所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!の画像2

お気に入りの抱っこひもでハッピーな抱っこライフを!

抱っこひもは、赤ちゃんとの暮らしでは欠かせない存在。
お出かけにはもちろん、「おんぶ」ができるようになると、家事などママができることもぐんと増えます。

そして何より、赤ちゃんは抱っこが大好き!たくさん抱っこをしてあげたいですよね。

安全に抱っこできて、赤ちゃんの体もママの体もラクで、そしておしゃれで気分が上がる抱っこひもを、ぜひ見つけてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ニンプス編集長 ロコの画像
ニンプス編集長 ロコ

マタニティ情報サイト『ニンプス』編集長。2006年4月生まれの男の子(小学3年生)と2013年3月生まれの女の子(2歳)のママ。9年前の第1子出産時よりぐっと変...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 所有率No.1の抱っこひも「エルゴベビー」の進化が予想以上! カスタマイズアイテムもご紹介!