女児と男児で差分あり。2024年度新入生のランドセル購入予算調査のタイトル画像
公開 2023年05月04日   更新 2023年05月11日

女児と男児で差分あり。2024年度新入生のランドセル購入予算調査

8,618 View

すでにスタートしている2024年度入学予定生のランドセル購入活動ことラン活。定番の赤と黒を背負う子供は減りましたが、購入予算に変化はあるのでしょうか。


>シリーズの最初から読む

令和のラン活事情

子育て世代に「ラン活」という言葉が広がって数年たちます。

人気商品は入学よりの1年以上前から情報を集め、予約をしなくては購入できないこともあります。

そんなラン活の中でも、特に気になるのは購入予算。

学用品の中でも上位価格帯の商品ですから、他のご家庭の予算感も参考にしたいですよね。

「ランドセルの通知表」の調査より、ご紹介します。

女児は男児よりも購入予算が高めの傾向

【男児ランドセル購入予算】

3万円未満…15%
4万円未満…11%
5万円未満…40%
6万円未満…15%
7万円未満…8%
8万円未満…7%
9万円未満…2%
9万円以上…2%


【女児ランドセル購入予算】

3万円未満…10%
4万円未満…14%
5万円未満…32%
6万円未満…26%
7万円未満…5%
8万円未満…4%
9万円未満…5%
9万円以上…4%

男女ともに「5万円未満」の回答が最多です。
次いで「6万円未満」が多いため、4~6万円程度がランドセル購入予算のボリュームゾーンと言えそうです。

また、男児では「3~5万円未満」の回答が全体の66%をしめているのに対し、女児は56%。
5万円以上の予算を予定している方が10%多いことになります。

素材や柄など、オシャレでこだわったランドセルが女児向けデザインとして多く販売されている影響かもしれません。
ランドセルの色味の選択は多くの小学校で自由とされており、男女とわず水色や紫といったパステルカラーを背負ったお子さんを見かけることが多くなりました。


同調査では、「最終的に誰が購入を決めますか」の質問に、男女とも過半数が「子ども」の回答となっています。

男児には黒、女児には赤が定番だったなごりは薄くなり、子どもたちの好みが反映されたランドセル選びが主流のようです。

2023年度の進級から間もないですが、2024年度新入生のラン活をお考えのご家庭は、購入の参考にしていただけますと幸いです。



(コノビー編集部)

Share!

コノビー子育てニュースのタイトル画像
コノビー子育てニュース #20
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部

関連情報