「食の好み」は2位。結婚後にびっくりしたパートナーとの違い1位は!?のタイトル画像
公開 2023年05月28日  

「食の好み」は2位。結婚後にびっくりしたパートナーとの違い1位は!?

2,395 View

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


>シリーズの最初から読む

Q.結婚して驚いたパートナーとの違いは?

「食の好み」は2位。結婚後にびっくりしたパートナーとの違い1位は!?の画像1

※2023年2月16日〜17日(コノビー公式Twitterより)

1位は「衛生観念」で、約半数のパパママが回答


育ちが違う相手と暮らすわけですから、何年も交際したり、結婚前に同棲をしたりしても、「え、そんなことするの!?」と驚いた経験はきっとあるはず。

結婚をして、いい感じに気持ちが冷静になって初めて見えることもありますし。

びっくりしたことを質問したところ、1位は「衛生観念」(50%)で、2位には「食の好みや食べ方」(33.3%)がランクインしました。

3位は「金銭感覚」(16.7%)でした。


なんでバスタオルを毎日洗わないの?


約半数が「衛生観念」と答えているのですが、これには深く納得します。

たとえば、こちらは毎日新しいバスタオルを使いたいのに、パートナーは3日に1日の洗濯でいい場合。

相手の自由と言えばそれまでですが、同居して相手の行動を目の当たりにする以上、「なんで昨日と同じものを使うの?」と気になるのは仕方ないですよね。

食や食べ方の好みも、あるあるです。

「目玉焼きは塩を振って食べるのが正義だ!」と思っているのに、パートナーはしょうゆをかけているとか、こちらは8枚切り食パンが当たり前なのに、相手は6枚切りが好み、といった感じです。

例を挙げれば切りがありません。

「金銭感覚の違い」への回答率はぐんと下がりますが、「引き出し手数料を払って預金を下ろす」や「決済は現金派かカード派」などの違いは、しばしば耳にします。

筆者宅では結婚当初、設問の選択肢にはない「言葉の違い」に驚きました。

妻が育った地域では、ごはんをよそうことを「ごはんをつぐ」と言い、食べ終わった食器を下げることを「引く」と表現します。

それまで自分が家族や友人と約30年使ってきた言い方とは違う表現に触れたので、意味を掴むまで数秒かかりました。

パートナーは自分とはあらゆる点で違いますが、だからこそ、新しい発見ができるのは楽しいですけどね!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)



Share!

アナタは多数派?令和子育てホンネ投票のタイトル画像
アナタは多数派?令和子育てホンネ投票 #412
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部

関連情報