1. >
  2. >
  3. >
  4. 752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!

752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!

752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!のタイトル画像

いま、日本では2,500g未満で生まれる低出生体重児の赤ちゃんの割合が約10%と言われています。752gで生まれた赤ちゃんがNICUに入ってから元気に退院するまで。その感動の軌跡を追った動画を紹介します。

PR ユニ・チャーム

元気に大きく育って欲しい。ママたちの切実な願い

生まれてきた赤ちゃんが元気で大きくなりますように、というのは出産を経験した家族に共通する願いです。特に赤ちゃんが2,500g以下の低出生体重児の場合、家族の不安や心配は計り知れないもの。

いま日本では約10人に1人が低出生体重児と言われており、時には1,000g以下で生まれてくることも。今回ご紹介する動画に登場する赤ちゃんも、生まれた時の体重は752g。

752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!の画像1

とても小さな体で、生まれた時から保育器の中で生きる我が子を見て、「大きく産んであげられなくてごめんね」という気持ちになってしまうママたちも少なくないそうです。

752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!の画像2

元気に退院できるその日まで。

752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!の画像3

低出生体重児で生まれた赤ちゃんと、赤ちゃんの家族を必死にサポートしてくれるのがNICU(=新生児特定集中治療室)という場所。
NICUで命と向き合う家族や医師・看護師たちの想いを感じる動画をぜひ見てみてくださいね。

生まれてから退院するまで、少しずつ大きく成長していく赤ちゃんの姿に、きっと胸が熱くなるはずです。

こちらのNICUで使用されている低出生体重児用おむつを開発したのは、みなさんご存知のムーニー。

「赤ちゃんのすこやかな成長のために」を目指して、生まれたてからおむつ離れする時まで、赤ちゃんと家族がとびきりの笑顔になるようなおむつの開発・改善を進めているムーニー。そんなムーニーだからこそ、小さな赤ちゃんにもやさしいおむつをつくりあげることができたのですね。

大切な赤ちゃんの成長に合わせて、豊富なラインナップの中からぴったりのおむつを選びませんか?

ムーニーのおむつを探す Link icon

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産準備 出産・産後
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 752gで生まれた赤ちゃんが、元気に退院するまでの軌跡に涙がとまらない…!