1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. ゴックン期におすすめ!じゃがいもを使ったかんたん離乳食レシピ!

ゴックン期におすすめ!じゃがいもを使ったかんたん離乳食レシピ!

ゴックン期におすすめ!じゃがいもを使ったかんたん離乳食レシピ!のタイトル画像

5~6ヶ月、離乳食を始めたばかりのお子さんにおススメのレシピです。数ある離乳食の中でも一番簡単な、じゃがいもを使ったレシピをご紹介します!

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=14158088150

じゃがいもペースト

10倍粥に慣れてきたら、野菜を食べさせてみましょう。潰しやすく消化も良い食材がおススメです。



今回は「じゃがいもペースト」の作り方を紹介します。



じゃがいもの主成分はでんぷんですが、ビタミンCやカリウムが豊富な食材です。さらに、茹でてもビタミンの損失が少ないので、ぜひ離乳食にも取り入れてみてください。

離乳食を簡単に作るコツ!

離乳食のゴックン期の場合、食べさせる野菜ペーストの量は小さじ1から始めて多くて大さじ1程度。離乳食の為に、じゃがいもの皮をむいて、茹でる・・・。子どもの面倒を見ながら離乳食を作るのは大変ですよね!?



そこで!大人のメニューを作るついでに、離乳食も作れる「取り分け」という方法がオススメです。大人用のメニューが、ポテトサラダやカレーライスのときに取り分けると簡単です。クセがなく、使えるメニューも多く、嫌いな人も少ないのでは?



裏ごしに使うのはじゃがいも1/4個程度。3cm角だと5個程度が目安です。

じゃがいもペーストの作り方

(1)大人用のメニューがカレーライスや肉じゃが・ポテトサラダ等の時に、茹でたじゃがいもを取り出します。量の目安は、中サイズで1/4個、3cm角切が5個分です。

(2)裏ごし器で裏ごしをする。

すりこぎを使うと、潰しながら裏ごしが出来るので早く出来て便利です。すりこぎがない場合は、スプーンの背でも代用できます。

(3)裏ごしすると、出来上がりはこのような感じになります。量は大さじ1~1.5杯程度です。裏ごしが面倒な場合、ベビーフードやフレーク状になったものも売られていますので、利用してみてください。

 

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

離乳食幼児食アドバイザー園田なお

はじめまして!北海道旭川市で離乳食・幼児食専門料理教室happycloverを主宰しています、園田奈緒です。長男が1歳の時、白米を半年間食べず、おかずも「ばっか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. ゴックン期におすすめ!じゃがいもを使ったかんたん離乳食レシピ!