1. >
  2. >
  3. >
  4. お子さんを叱るときや注意するとき、気をつけたほうがいいこと

お子さんを叱るときや注意するとき、気をつけたほうがいいこと

お子さんを叱るときや注意するとき、気をつけたほうがいいことのタイトル画像

お子さんが少し大きくなってくると、叱ったり、それはダメ!なんて禁止したりする場面も多くなってきますよね。そんな時に覚えておきたい、声掛けのコツをお話しします。

子どもを叱ること、ありますよね?

我が子を叱ること、注意することって、親なら誰でもありますよね。子どもが少し歩けるようになると、勝手に歩いていってしまい、危ないところに行ってしまう。お友達と遊べるようになると、その子をたたいてしまう。色々なシチュエーションが出てきます。ママだってパパだってできれば子どもを叱りたくはないけれど、どうしてもっていうことがあるのではないでしょうか。叱らないまでも、「(そこへ行ったら)ダメ!」といった禁止の言葉は、親なら誰もが1度は口にしたことがあると思います。

お子さんを叱るときや注意するとき、気をつけたほうがいいことの画像1

叱るときは、●●や●●にだけ注目しましょう

今日はそんな時に覚えておきたい、親としての声掛けのコツをお話しします。

お子さんを叱るとき、もしくはその子にとってマイナスなことを伝えるときは、「名前を呼ばない」「行為や事象についてだけ指摘する」のをおススメします。簡単にいうと、たとえばお子さん(Aちゃん)がお友達をたたいてしまったとき。「Aちゃん!お友達たたいたらだめでしょう!」ではなく、「お友達をたたかないでね」と声掛けする、ということです。

名前を呼ぶのは、良いことを伝えるときだけに!

人は名前を呼ばれて、何かマイナスなことを告げられると、「自分そのもの」がダメなんだと勘違いしてしまいます。大げさな話でいえば、人格否定や存在否定につながる可能性もあります。心がけたいのは、その行為をしたその人自身がダメなのではなく、その子がやってしまったその行為を、(私は嫌だから、やられた人が嫌がっているから)やめてほしい、気を付けてほしい、という伝え方です。ついつい、お子さんの名前を呼んで、叱っていませんか?私も気づくとそうしてしまうので、こんな記事を書きながらも、おおいに反省しています。

褒めるときは、名前を呼んで、その子をまるごと褒める。叱るときは、名前を呼ばず、その子のした「事」だけを指摘する。これを意識してくださいね。

最後に

実はこれ、犬や猫のしつけでもよく言われている方法なんです。犬や猫と、人間の子どもを一緒にするな!って怒られてしまいそうですが、どちらも同じ動物、成長していく生き物なのです。

あっ!他の子をたたいた!またおもちゃを散らかしっぱなし!そんな時に喉から出かかったお子さんのお名前を、いったん飲み込んでみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

熊野薫

株式会社えん・プロおよび、産後ママのための保育つき出張リフレクソロジーサロン~みまもりリフレ~代表。
大学卒業後、大手サロンでのセラピスト・インストラクター経...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. お子さんを叱るときや注意するとき、気をつけたほうがいいこと