1. >
  2. >
  3. >
  4. 運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私

運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私

運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私のタイトル画像

運動会の季節。小さいころ、私はこの季節が大キライでした。

運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私の画像1

私が小学生のころ。

足の遅い私にとって、運動会はただただ憂鬱でした。

それなのに、小学5年生の時に、地区リレーの選手に選ばれてしまいます。
理由は、この地区の学年が私一人だったため。

周りには速い子ばかり。

しかも、一人で走るかけっこと違って、地区の代表として走る。。。


それは私にとって苦痛でしかありませんでした。

自分が嫌いな私に、母が送ってくれたエール

運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私の画像2
運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私の画像3

私は運動会の季節になると、この時のことを思い出します。


自分に自信がなくて、

自分のことが嫌で嫌で仕方なくなった私に


母が送ってくれたエール。



運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私の画像4

「一生懸命やったことに自信を持って…」


「そんな自分に誇りを持って…」





自分が母になった今。


もしも、我が子が同じ思いを抱いた時には、
こんなエールを送れる母になりたい。





当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

かよポン

はじめまして、鹿児島在住、かよポンと申します。
2009年11月生まれの海(長女)、洋(長男)の双子の高齢おかーさんです。
アラフィフ高齢おとーさんとともに...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 運動会がきらい…そんな子ども時代、母のある言葉で変われた私