1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮内膜症とは?チェックリストで確認!原因と治療法まとめ

子宮内膜症とは?チェックリストで確認!原因と治療法まとめ

子宮内膜症とは?チェックリストで確認!原因と治療法まとめのタイトル画像

子宮内膜症は、年々増加傾向にあるといわれており、若い女性にも多く見られる病気です。放っておくと、不妊の原因になるとも考えられています。まずはチェックリストで、子宮内膜症の可能性の有無を調べてみましょう。子宮内膜症の原因や治療法についても解説していきます。

目次 子宮内膜症とは?
子宮内膜症のチェックリスト
子宮内膜症によって併発する可能性のある病気
子宮内膜症になりやすい人って?
子宮内膜症の検査方法
子宮内膜症の治療法
まとめ

子宮内膜症とは?

子宮内膜症は、子宮の内側にしかないはずの組織が、身体のさまざまな場所に発生してしまう病気のことです。本来の子宮内膜は、月経の際に子宮の内側からはがれて体外に排出されます。しかし、子宮以外の場所にできた子宮内膜組織は、体外に排出されないので、骨盤の中の腹膜や臓器の表面、卵巣、子宮の筋肉層などに留まります。

体内に留まった子宮内膜が炎症を起こしたり、臓器との癒着を起こしたりすると、重い月経痛や性交痛を引き起こしてしまいます。子宮内膜症の原因は明らかになっていませんが、放っておくと、不妊の原因になることもあります。

日本子宮内膜症協会

子宮内膜症のチェックリスト

子宮内膜症チェックリスト

以下の項目にひとつ以上当てはまるものがある場合は、子宮内膜症にかかっている可能性があります。該当する場合は、この後ご紹介する症状について参照してみてください。

・月経痛が年々ひどくなってきた
・性交のとき奥のほうが痛い
・排便のとき肛門の奥が痛い
・月経以外のとき下腹部に鈍痛がある
・月経のとき吐き気やめまいがする
・月経のとき鎮痛剤を飲んでも痛みがおさまらない
・月経のときに飲む鎮痛剤の量がだんだん増えてきた
・結婚して2年以上たつが妊娠しない

症状①下腹部の痛み

最も高い頻度で見られる症状は、重い月経痛です。毎月寝込むほどの痛みや吐き気がある場合、薬を飲んでも効かない・効きにくい場合は、すぐに婦人科を受診してください。症状が進むと、生理中ではない期間にも排便痛や性交痛、腰痛などが見られることがあります。一方、子宮内膜症でも痛みを伴わないケースもあるので注意が必要です。

症状②不妊

子宮内膜症だと必ず不妊になるというわけではありません。しかし卵巣の中に子宮内膜症ができることで、卵管の機能が低下したり、卵胞の発育が悪くなったりして、妊娠しづらくなってしまうことがあります。このケースでは全く痛みがなく、子どもがなかなかできないので婦人科を受診すると、子宮内膜症が発覚することが多いようです。

ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ

子宮内膜症によって併発する可能性のある病気

子宮内膜症にかかることで、身体にはどんな影響があるのでしょうか。他の病気に移行する可能性や併発しやすい病気をご紹介します。

卵巣がん

子宮内膜症が卵巣の内部で発生すると、「チョコレート嚢胞」と呼ばれます。チョコレート嚢胞は、まれに卵巣がんに移行することがあります。その発生率は0.7%程度ですが、40代を超えると卵巣がんの発生率が上昇します。40代以上でチョコレート嚢胞がある人は、卵巣がんへの移行に注意が必要ですので、定期的な検査を受けるように心がけましょう。

子宮腺筋症

子宮内膜組織が子宮の筋肉で発生し、深く潜り込んでいる状態です。子宮の壁がだんだん厚く、硬くなっていき、子宮自体も大きくなります。非常に激しい月経痛を伴うのが特徴で、慢性的な貧血となる例もあります。ある日突然、激しい月経痛を感じるようになったら、注意が必要です。

子宮筋腫

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。自覚症状がほとんどない場合もあれば、寝込んでしまうほどの月経痛に襲われることもあります。月経痛に加えて、頻尿、排尿困難、便秘、腰痛などの症状も起こってきます。月経痛が次第に増悪する場合は、子宮内膜症を合併していることも考えられます。

日本婦人科腫瘍学会

子宮内膜症になりやすい人って?

子宮内膜症は、基本的には生理のある女性にだけ見られる症状です。20代の半ばぐらいから発症する人が増え、35歳くらいでピークに達します。日本では、生理のある人の10人に1人が、何らかの子宮内膜症を持っていると言われています。日常生活に支障をきたすほどの月経痛を覚える「月経困難症」をもつ人は、子宮内膜症の発症リスクが高いといわれているので、ひどい月経痛がある場合は特に注意が必要です。

日本医科大学付属病院/子宮内膜症について どんな女性がかかりやすいのですか?

子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症が疑われる場合は、問診や内診、血液検査、超音波検査などの複数の検査を行い、総合的な結果から診断することが多いようです。詳細についてご紹介します。

問診

初経年齢、月経周期、月経時や月経以外の時の痛み、妊娠・出産・中絶などの有無、持病・既往症・薬の服用歴などを、問診表に記入します。その後、記入した問診表に基づいて、診察室で医師からさらに詳しく質問を受けます。答えにくい質問にも正しく答えることが、正しい診断につながります。最終月経などをメモして持っていくと良いでしょう。

内診

医師が内診によって、子宮の大きさや腫れ、動かしたときの痛み、卵巣の状態などを診ます。排便痛や性交痛がある場合には、直腸に指を差し入れての直腸診が行われることもあります。

超音波検査

子宮や卵巣の様子を、画像で確認します。子宮内膜症の場合は、お腹の上からではなく、膣から器具を挿入して診察することが多いです。この検査でチョコレート嚢胞が確認されると、さらに病状を詳しく調べるために、MRI検査が行われることもあります。身体に電磁波を当てて体の内部を画像に表すので、さまざまな角度から腫瘍の正確な位置・癒着の状態などを知ることができます。

血液検査

貧血の状態や、腫瘍マーカーなどを調べることができます。しかし、血液検査だけでは子宮内膜症の診断は難しいため、超音波検査も合わせて行うことが多いようです。

腹腔鏡検査

お腹に小さな穴をあけ、腹腔鏡という細長い器具を通して、お腹の中に子宮内膜症の症状があるかを確認します。肉眼で確認できるため、腹腔鏡検査を経て確定診断が下されることになります。

病院によっても異なりますが、腹腔鏡検査は必ずしも必要とされているわけではありません。検査のために麻酔をしなくてはいけないなど患者さんの負担が大きいため、問診やMRI検査で臨床診断を下し、治療にあたる場合も多いようです。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療法は大きく分けると、「薬物療法」と「手術療法」があります。

薬物療法

以下のような薬物療法を行うことで、子宮内膜症の症状の緩和が期待されます。

・鎮痛剤で痛みを抑える方法
・ホルモン剤で病巣部を一時的に縮小させる方法
・低用量ピルで月経量を減らす方法


子宮内膜症の治療には様々な方法があるため、患者それぞれの状況により治療方針は異なります。主治医と相談して、自分の体に合った治療法を選択することが大切です。

手術療法

薬では治療困難と判断される場合は、手術による治療を行います。多くの場合、腹腔鏡下手術を行うため、お腹を大きく切開する必要はないようです。手術後は再発を予防するために、薬物治療を併せて行うこともあります。

まとめ

子宮内膜症は多くの場合、病状が徐々に進行していく病気です。痛みを和らげて、合併症や不妊を防ぐためにも早期発見と早期治療がとても重要です。痛みのある場合はがまんせず、なるべく早く婦人科に相談しましょう。痛みがない場合もあるので、定期的に婦人科検診を受ける習慣をつけると、症状の深刻化を防ぐことができます。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活 妊活・不妊 月経周期

この記事を書いた人

虹色ママ

6歳と3歳の女の子のママ。
周りに自分と同様の高齢初産経験者多し、です。
うれしい・たのしい・感動・かなしい・つらい・わからない、そして「助けて」
妊娠出...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮内膜症とは?チェックリストで確認!原因と治療法まとめ