1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「Hey!乳母」発言にドキッ。母は、やはり”乳だけの女”なのでしょうか…(泣)

「Hey!乳母」発言にドキッ。母は、やはり”乳だけの女”なのでしょうか…(泣)

「Hey!乳母」発言にドキッ。母は、やはり”乳だけの女”なのでしょうか…(泣)のタイトル画像

過ぎ去れば良い思い出…?!
”おっぱい大好き星人”を育てる(た)ママ達にお届けする、ちいさんの面白くも泣けるおっぱいエピソード。

目次 インスタグラム@chiiiiiiiiiiiiitanこと、「ちい」さんの育児絵日記がクスリ笑える。
母乳育児あるある
ちくびを守る!大作戦

インスタグラム@chiiiiiiiiiiiiitanこと、「ちい」さんの育児絵日記がクスリ笑える。

インスタグラムに育児絵日記をアップしている「ちい」さん。

0歳の息子クンと、ちょっぴりコワモテの旦那さんとの日常を描いた投稿は、クスッと笑える育児エピソードがいっぱいです。

たとえば、こんなもの。

パパのかわいらしい一面に出会えることも、子育ての醍醐味の一つですよね♪

今回は、そんなちいさんのインスタの中から、子育ての第一関門(?)である「母乳育児」についてのエピソードをご紹介します。

母乳育児あるある

一体何センチ伸びる?私のちくび

ギネス記録ってあるんでしょうか?
だんだんママもちくびが伸びるのが楽しくなってくるんですよね(笑)

小さい子にイライラしてしまう自分にイライラする…

悪気がないことはわかっていても、つい感情的になってしまうこと、ありますよね…。

それでも子どもは無邪気な笑顔を向けてくれます。

ああ…罪悪感。。

乳母ですか?!母は“歩く乳”ではありません!(泣)

「私なんて、乳だけの女なのね!(泣)」
思わずそんな言葉が漏れちゃいそうです。
もちろん母のそんな悲痛な叫びが子どもに伝わるわけもなく…。

パパ<ママ。いえ…「パパ<おっぱい」でした。

悪いオトコにどっぷりハマってしまう母…。

そんな”乳目当て”の子どもから、「いかにして大事なちくびを守るのか」は母乳育児ママ共通の難題。

ちいさんも3つの作戦に出たようです。

ちくびを守る!大作戦

作戦①『うそ泣き』

作戦②『真面目な顔で諭す』

作戦③『パイをしまう』

ええ…、ダメなんですよね。。
子どもは一枚上手なんですよね。。

でも、大変なこともずっと続くわけではありません!

ちいさんのお子さんもある日突然上手に飲めるようになったようですよ。

育児の困難、どんどん乗り越えていきましょう!

今回ご紹介したのは、ちいさんの絵日記のほんの一部。

ほかの投稿もインスタグラムでチェックしてみてくださいね!

chiiiiiiiiiiiiitanさんのインスタはこちらから! Link icon

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 母乳育児

この記事を書いた人

[Conobie編集部]

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「Hey!乳母」発言にドキッ。母は、やはり”乳だけの女”なのでしょうか…(泣)