1. >
  2. 管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由のタイトル画像

カフェインレス生活を送ることで、妊娠中や授乳中はもちろん、大人にも子どもにも、体に嬉しい作用があることを知っていますか?

PR 日本コカ・コーラ株式会社

「妊娠中や授乳中は、カフェインの摂取量を控えた方がいい」とよく言われますよね。

そもそもなぜ、妊娠中や授乳中はカフェイン摂取に気を付けたほうがいいのでしょうか?
そして、授乳が終わったあとはどうなのでしょう・・・?

しっかりとカフェインの効能を知りたい!ということで、今回、カフェイン摂取について管理栄養士の豊田愛魅(とよだ まなみ)さんにお話をお伺いしました!

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由の画像1

「カフェイン」を摂取すると、食事から栄養素が吸収されにくくなる!?

—なぜ妊娠中や授乳中は「カフェイン摂取」を控えた方がよい、と言われるのでしょうか?

もっとも大きな理由は、カフェインに「栄養素の吸収を阻害する作用」があるからです。

食べ物の栄養素は、食べてから30分前後に消化吸収が特に盛んに行われます。その間にカフェインを摂取することで、吸収されにくくなる栄養素もあるのです。

食事中にお茶を飲んだり、食後すぐにコーヒー・紅茶を飲む方も多いですよね。

それらに含まれるカフェインによって、食事でとったカルシウムや鉄分といった栄養素が体に吸収されにくくなります。

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由の画像2

特に妊娠中・授乳中のお母さんは、不足しがちなカルシウムや鉄分を意識してとるように言われていますから、栄養素の吸収を妨げないよう、食事中や食後すぐのカフェイン摂取は控えたほうがいいですね。

さらに、妊娠から出産にかけて、カフェインを代謝する酵素のパワーが弱まり、摂取したカフェインが体に残りやすくなってしまう、という体のメカニズムがあります。

代謝がもとに戻るのは、産後1ヶ月と言われています。

そのため、出産から最低1ヶ月は、自分自身のためにも、赤ちゃんの為にもカフェインをとりすぎないように気をつけた方がよいかもしれませんね。

「カフェインレス生活」がもたらす、体への嬉しい効果とは

—子どももカフェインの摂り過ぎには気をつけたほうがいいのでしょうか?

食事からしっかりと栄養素を吸収するということは、子どもであっても大人であっても大切です。

そのため、妊娠中や授乳中の女性だけでなく、食事中や食後30分は、子どもも大人もカフェイン摂取を控えたほうがよいでしょう。

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由の画像3

さらに、睡眠とカフェインは密接な関係にあります。

カフェインには覚醒作用があるのですが、アルコールと同じで、カフェインを分解できる時間というのは人によって違うんです。

分解する時間は2〜6時間くらいの幅があるとも言われていますから、夕食時にカフェインを摂取すると、夜まで覚醒作用が続いてしまうことも。

しっかりと深い睡眠を確保したいのであれば、子どもも大人も、夕食時からカフェイン摂取を控えた方がいいかもしれませんね。

「カフェインレス生活」で、ストレス軽減もできる!?

—カフェイン摂取を控えることによる体への効果はよく分かりましたが、「ココロ」への影響もあるのでしょうか?

はい、もちろん関係してきますよ!

人間の神経には、交感神経と呼ばれるアクセルのような作用と、副交感神経と呼ばれるブレーキのような作用があるのですが、カフェインにはこの「アクセル」をふかす作用があります。

女性の場合、妊娠中や生理中はホルモンバランスが崩れがちですから、カフェインを摂取することで、いつもよりもイライラ・そわそわしてしまうということも。

そんな時は、副交感神経を刺激してくれるアロマオイルを焚いてみるなどして、リラックス効果があるものを意識して取り入れるとよいでしょう。

ただ、カフェインが大好きな人にとっては、カフェインを断つことが逆にストレスになってしまうこともあります。

カフェインが大好きな方は、飲むタイミングと量を調整して楽しんで下さいね。

ストレス軽減に役立つ、栄養豊富な食べ物とは!?

—子育て中は何かとストレスが溜まりがち。他にもストレス軽減に役立つ食材は他にありますか?

甘いものが食べたくなったら「焼き芋」がおすすめ

授乳中は、乳腺炎などの心配もあり、甘いものを食べにくいですよね。お砂糖は体を冷やしてしまったり、太ってたりしてしまうことから、避けている方も多いでしょう。

そんな方にとってもオススメなのが「さつまいも」です。

通常、ビタミンCは加熱すると減ってしまいますが、さつまいもは加熱してもビタミンCが守られたままなので、美肌効果も。

また、食物繊維も豊富なため、便秘解消にも役立ちます。

豊田さんオススメのさつまいもの食べ方は?

60℃前後で加熱すればするほど甘くなるさつまいもは、レンジ加熱では一気に温度が100℃を超えるので甘さが弱まってしまいますので、焼き芋や蒸したりするのがオススメ!

さつま芋を濡らしたキッチンペーパーでくるんで、アルミホイルで巻き、トースターでそのまま加熱するだけで美味しく仕上がります。

ほんのりとした甘さは、これからの季節にもぴったりですね。

食事中や食後にオススメなカフェインレスの飲み物とは?

—食事中にオススメの飲み物はありますか?

栄養素をたっぷりとりたいママやお子さんには、カフェインレス生活がオススメだということは分かっていただけたかと思いますが、だからと言って食事中にお水ばかり飲んでいては、飽きてしまいますよね…。

そんな時にオススメしたいのが、「カフェインゼロ」の飲み物!
爽健美茶もカフェインゼロでオススメです。

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由の画像6

ほうじ茶や緑茶などにはカフェインが入っているものがほとんどですが、爽健美茶ならカフェインゼロで安心ですね!

食事中も食後も、カフェインを気にすることなく、ゴクゴク飲めるため、子どもにも大人にもオススメですよ。

管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由の画像7
カフェインゼロの爽健美茶はこちら Link icon

カフェインゼロの爽健美茶と栄養素たっぷりメニューで、ストレスフリーな生活を

豊田さんからのアドバイス、いかがでしたでしょうか?

豊田さんが教えてくれたストレス解消メニューと一緒に、カフェインゼロの爽健美茶を飲んで、ココロもカラダもリラックスしてみてくださいね。

今回、爽健美茶では、あなたにぴったりの秘訣をご紹介するやさしさに満たされたい女子診断を実施中!
Conobie編集部セレクトのスペシャルアイテムが当たるかも?

ぜひ診断してみてください♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

  1. >
  2. 管理栄養士に聞く!妊娠生活が終わっても、ママにカフェインレス生活がおすすめな理由