1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠2ヶ月

妊娠2ヶ月

妊娠2ヶ月のタイトル画像

妊娠週数の4〜7週にあたる妊娠2ヶ月。まだお腹の大きさは変わりませんが、人によっては体調に変化が現れたり、赤ちゃんの大切な器官ができたりする時期です。この時期に起こること、気を付けたいポイントをご紹介します。

妊娠2ヶ月のお腹の状態

妊娠2ヶ月の初めの頃の赤ちゃんは、まだ子宮に着床したばかりで「胎芽」と呼ばれます。ママのお腹の大きさもまだあまり変わらず、この時点で赤ちゃんの大きさは「点」くらいです。でもどんどん大きくなって、この月の終わりには12~14mmくらいになります。



この月に入ると、赤ちゃんの脳や心臓や肺、胃腸など大切な器官ができはじめ、心臓が動きはじめます。魚のような形をしていた胎芽から、だんだんと頭と胴の区別がつくようになり、手足が伸びて、目・耳・口の原型もできてきます。超音波検査でその姿が分かるほどになり、頭でっかちの2頭身の赤ちゃんを見ることができるでしょう。

妊娠2ヶ月のママの体調

「重だるい」「疲れやすい」といった感覚があると思います。また、不機嫌になったりわけもなく涙が出てきたりと、情緒不安定になることがあるかもしれません。それは、女性ホルモンが体内でどんどん増えているためです。つわりが始まる人もいます。これらは自分の意志でコントロールできるものではないので、あまり深刻に考えずに、今の体調や心の状態を受け止めて行くのがよいでしょう。自分の好きなことをしたりして、できるだけリラックスして過ごすのがおすすめです。

気をつけたいポイント①

妊娠2ヶ月は赤ちゃんの器官ができる時期にあたり、また絶対過敏期とも呼ばれ、母体からさまざまな影響を受けやすい時期でもあります。だからこそ注意しなければならないことがたくさんあります。



■薬の服用はお医者さんに相談すること

赤ちゃんの体の重要器官ができ始める妊娠4~7週目は、一番薬の影響が大きいと言われています。薬は、ごく一部のものですが催奇性(奇形を生じさせる可能性)があるので、服用する際は専門家に相談してからにしましょう。



■タバコを吸わない、受動喫煙にも注意する

妊娠が分かったら、すぐにタバコは止めましょう。ニコチンが血流を妨げるため、流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離、不正出血、発育障害などの危険性が高まります。



■お酒を飲まない

アルコールを毎日飲むと赤ちゃんの中枢神経に影響を与えたり、胎児性アルコール症候群の危険性が高まります。しかし、実際に胎児に影響があるのは栄養を送る働きが始まる妊娠4ヶ月からとも言われており、妊娠発覚前の飲酒に関しては実際には問題はないとされています。不用意に不安になる必要はありませんが、少量でも毎日飲むと赤ちゃんに悪影響ですので、妊娠の可能性があるときはなるべく控えましょう。



■ビタミンAを過剰摂取しない

サプリメントでミネラルや鉄分などの栄養素を摂取することは問題ないとされていますが、妊娠初期でのビタミンAの過剰摂取は、奇形が起きるリスクが高いと言われています。

妊娠2ヶ月の画像1

気を付けたいポイント②

■カフェインの摂取を控える

カフェインを摂取すると、胎盤を通じてママと同じ濃度でお腹の赤ちゃんもカフェインを摂取してしまいます。身体が小さい赤ちゃんには大変な量であり、またまだ内蔵が十分にできていない赤ちゃんはカフェインを体内で分解して排出できません。小さい体で頑張っている赤ちゃんのことを考えると、控えた方が良さそうです。



■重いものを持たない

妊娠初期は流産しやすい時期でもあります。重い荷物などを持つとお腹に負担がかかり、流産する可能性が高まります。妊娠発覚後は重いものを持つことを極力避けましょう。



■旅行や激しい運動は控える

妊娠初期は体が不安定なため、旅行や遠出、激しい運動など母体に負担のかかる行動は控えましょう。



■葉酸を摂る

葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大事な栄養素で、二分脊椎などの神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが分かっています。葉酸は、ほうれんそう、ブロッコリー、アスパラガス、イチゴ、納豆などに多く含まれています。毎日摂取するよう心がけましょう。また葉酸には母体面でも疲労回復や食欲増進、貧血を防ぐ働きがあります。

妊娠が分かったママにとって大切なこと

体調面でも気をつけてほしいことを先に挙げましたが、何よりも大切にしてほしいのは、「気にしすぎないこと」。妊娠初期はどうしても気分が不安定になりがち。ちょっとした事を気にして後悔したり、ストレスをため込んでしまいやすい時期ですが、妊娠中のストレスは胎児の健康や生まれてからの性格などに影響するとも言われています。赤ちゃんとの幸せな未来、新しい家族の未来を想像して、楽しい気持ちでリラックスして毎日を過ごしてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠2ヶ月