1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法!おすすめ便利グッズ3選もご紹介

赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法!おすすめ便利グッズ3選もご紹介

赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法!おすすめ便利グッズ3選もご紹介のタイトル画像

育児中のママを悩ませる問題に「赤ちゃんの夜泣き」があります。日中の育児や家事で疲れている上に夜泣きが続くとなると、睡眠不足につながってしまい、心身ともに辛くなってしまいますよね。今回は、赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法、あやす時におすすめのグッズをご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021687
目次 赤ちゃんの夜泣きについて理解しよう
赤ちゃんの夜泣きの対処法
夜泣き対策におすすめなグッズ3選
まとめ

赤ちゃんの夜泣きについて理解しよう

夜泣きとは

夜泣きとは、お腹が空いていたりオムツが濡れていたりといった明確な理由がないにも関わらず、寝ていた赤ちゃんが泣き始めることを言います。夜泣きの原因ははっきりとは分かっていませんが、睡眠と覚醒のリズムが未発達であること、昼夜の区別がついていないことなどが考えられています。

夜泣きはパパママにとってとても大変なことですが、眠ることがまだ上手ではない赤ちゃんは、夜泣きを繰り返しながらだんだんと睡眠サイクルを獲得していきます。そのため、夜泣きは赤ちゃんの発達段階のひとつであると言えるでしょう。

夜泣きかも!?と思う前に確認するべき大切なこと

「夜に寝ている赤ちゃんが泣きだしたら、きっと夜泣きだ」と思うかもしれませんが、生理的欲求や体の不快感といった明確な原因があって泣いている場合も少なくありません。赤ちゃんがどうして泣いているかを察することは難しいですが、まずは次のようなことがないか確認し、対処してあげるようにしましょう。

・お腹が空いていないか
・オムツが濡れていないか
・寒かったり暑かったりしていないか
・熱が出ていないか
・鼻水や咳などで寝づらくないか


考えつく原因をすべて取り除いてあげても泣きやまない場合は、夜泣きである可能性が高いと言えます。

赤ちゃんの夜泣きの対処法

対処法① あやす

赤ちゃんが夜泣きをしているときは、以下のようなあやし方が効果的だと言われています。ぜひ試してみてください。

・抱っこする
・授乳する
・音楽を聞かせる
・子守唄を歌う
・おしゃぶりをさせる
・室内でもいいので簡単に散歩をする
・ベビーマッサージをする


赤ちゃんが泣きやんでくれないとパパママも眠れないですし、泣き声が近所迷惑なのでは?と心配になってしまったりして、イライラが募るばかりですよね。でも、親のそんなイライラを赤ちゃんも敏感に感じ取り、ますます泣いて悪循環になることもあります。

夜泣きがあまりにつらいと感じたら、短時間であれば泣いたままにして様子を見ても大丈夫です。また、何をしても寝てくれそうにないと感じたら、「無理に寝かしつけない」というやり方もあります。30分だけ割り切って遊ばせてみたところ、赤ちゃんも遊び疲れて眠ってしまった・・・ということもあるようです。

対処法② 泣きやませようとしたり、寝かそうとしたりすることをやめてみる

赤ちゃんが泣きやんでくれないとパパママも眠れないですし、泣き声が近所迷惑なのでは?と心配になってしまったりして、イライラが募るばかりですよね。でも、親のそんなイライラを赤ちゃんも敏感に感じ取り、ますます泣いて悪循環になることもあります。

夜泣きがあまりにつらいと感じたら、短時間であれば泣いたままにして様子を見ても大丈夫です。また、何をしても寝てくれそうにないと感じたら、「無理に寝かしつけない」というやり方もあります。30分だけ割り切って遊ばせてみたところ、赤ちゃんも遊び疲れて眠ってしまった・・・ということもあるようです。

対処法③ 生活環境を整える

対処法とは少し視点が異なりますが、夜泣きを軽減するために日頃から取り組めることもあります。以下にご紹介しますので、参考にしてみてください。

規則正しい生活リズムを心がける
・起床や就寝の時間を一定にする
・朝は部屋を明るくし、夜になったら暗くする
・昼寝は明るめの部屋でするようにして、早めに切り上げる
・食事や入浴の時間を一定にする
・寝る前にTVの光などの刺激を与えすぎない

適度に疲れさせる
・天気の良い日には散歩をする
・体を動かす遊びをする

睡眠習慣をつける
・寝室を用意して、決まった時間に連れていく
・部屋を暗くする
・入眠儀式をつくる(寝る前に絵本を読む、ベビーマッサージをするなど)

これらはあくまでも、ママと赤ちゃんのペースで行ってください。ママの体調が悪い時には、無理に生活リズムを作ろうとしたり遊んであげたりする必要はありません。ママが無理をせず、気持ちに余裕を持つことが大切です。

夜泣き対策におすすめなグッズ3選

夜泣き対策として、口コミで人気のグッズを活用してみるママもいるようです。参考にしてみてください。

1.AMOMA ベビースリープ(夜泣き対策・寝かしつけ専用アロマ)

なかなか寝付いてくれない赤ちゃんのために、そして赤ちゃんの夜泣きに辛い思いをしているママのために開発された寝かしつけ専用のアロマオイルです。マタニティアロマセラピストが実践している精油を3種類ブレンドして作られているので、落ち着きと安らぎの効果が期待できます。

■価格:¥1,699
■素材:配合オイル/ベルガモット・ラベンダー・クラリセージ
■サイズ:内容量は10ml

2.心音舎 赤ちゃんが眠る音楽療法CD「ねむり」

音楽療法の立場から、赤ちゃんの眠りを促す効果が期待できるCDです。全7曲が収録されており、赤ちゃんの耳に心地よいリズム・音程・音色で奏でる曲がたくさん盛り込まれています。赤ちゃんだけでなく、ママもリラックスできそうですね。

■価格 2,484円
■形式: CD

3.日本育児 おくるみスワドルミー

赤ちゃんの体にぴったりフィットするように巻くおくるみです。手を体に密着させて一緒に巻くことがポイントで、赤ちゃんはママのお腹の中にいたときのような感覚になり、安心することができると言われています。

■価格:2,940円
■素材:綿100%
■カラー:リトルチャンプ、ロックスター
■サイズ:約着丈51×幅32cm(巻き付け部横幅約73cm)

まとめ

赤ちゃんの夜泣きはある程度仕方がないと頭では分かっていても、やはりパパママも寝不足でつらくなってしまいますよね。このままずっと夜泣きが続くのだろうか・・・と不安な気持ちにもなりますが、そのうちだんだんとなくなっていきますので、成長過程のひとつとして乗り切っていけるといいですね。あくまでも1人で無理をしないように、家族で交代しながら対応していくようにしてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まこちゃん

育児の合間に記事を書いています。私も一人目の育児の時はわからないことだらけで、よく情報を収集していました。自分の経験も踏まえながらママパパの皆さんのお役に立てる...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法!おすすめ便利グッズ3選もご紹介