1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 出産手当金について知ろう

出産手当金について知ろう

出産手当金について知ろうのタイトル画像

働くママにとって、産休や育休で収入が減ってしまうのは大きな悩み。そんな不安を解消する「出産手当金」を活用すれば、生活を支える収入源を確保して安心して出産に臨めます。

出産手当金は産休、育休時の強い味方

仕事をしているママは、出産に備えて産前42日そして産後56日のあいだ仕事を休む必要があります。特に産後の最初の42日間は、働くことが法律で禁じられています。とはいえ産休や育休を取得すると、会社から給与が支払われないので困ってしまいますよね。給与の支払いに代わって生活を支えるための制度が「出産手当金」です。勤め先の健康保険に加入し、保険料を支払っていて、産後も仕事を継続するママが利用できる制度です。

出産手当金と出産育児一時金の違い

出産手当金は、勤務先の健康保険に加入していて、産休中でも保険料を支払っているママが利用することができる制度です。出産育児一時金は健康保険に加入しているママが給付の対象になりますが、出産手当金では、パパの扶養ではなく自分で健康保険に加入していて、出産のために産休を取ったママが対象になります。また、自営業や会社員として働いているママであっても、国民健康保険に加入している方は出産手当金の支給対象にはなりません。

今すぐ知りたい出産手当金の算出方法とは

出産手当金で貰える金額の算出方法は、日給の3分の2に休んだ日数を掛けたものです。また、産休中でも給与が一部支払われている際には、給与と出産手当金の差額分のみが支給されます。出産日は予定よりも前後することが多く、それに応じて産休の日数が変化しますので、出産手当金の金額も変化します。また、以前の出産でもらい忘れてしまっても、産休開始の翌日から2年を経過していなければ、出産手当金を全額請求することができます。

実践編!手続きに必要な書類を集めよう

出産手当金の申請先は、勤め先の人事や総務、そして協会けんぽなどの窓口になります。会社が申請を行ってくれる場合と、自分で申請を行う場合があります。産休に入る前に、「健康保険出産手当金支給申請書」を入手して記入を行い、出産後に医師の証明を記入してもらいましょう。その際には、文書作成費用がかかる場合があります。また「健康保険出産手当金支給申請書」には、勤め先の記入欄もありますので、忘れずに記入をお願いしましょう。

休みを取るか取らないかは本人の自由です

法律で仕事ができないと決められている産後最初の42日間以外は、産休を取るか取らないかは本人の自由です。一般的には、出産に備えて産前42日、そして産後56日を目安にして産休をとる方が多いですが、体調を見ながら出産直前まで仕事を続けているママもいらっしゃいます。出産直前まで仕事をしたいとお考えのママは、サポート体制を整えた上で、お腹の中にいる赤ちゃんにも負担がかからないように心がけましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 出産手当金について知ろう