1. >
  2. >
  3. >
  4. 陣痛タクシー、いつ予約する?特徴、利用法、料金、Q&Aまとめ

陣痛タクシー、いつ予約する?特徴、利用法、料金、Q&Aまとめ

陣痛タクシー、いつ予約する?特徴、利用法、料金、Q&Aまとめのタイトル画像

「陣痛タクシー」をご存知ですか?陣痛タクシーは「マタニティタクシー」とも呼ばれるもので、陣痛が始まった時に産院まで連れて行ってもらえるという便利なサービスです。特徴や利用法、料金、Q&Aなどをまとめてご紹介します。

目次 陣痛タクシーとは
陣痛タクシーはいつまでに予約すればいい?
陣痛タクシーの利用料金
陣痛タクシーについてのQ&A
陣痛タクシーを利用する時の注意点
まとめ

陣痛タクシーとは

陣痛タクシーは、陣痛が始まった時に産院まで連れて行ってもらえるサービスです。利用する際には、一般のタクシーとはいくつかの違いがあります。

■陣痛タクシーは事前登録制
事前に必要事項を登録するので、緊急時に行き先などを細かく運転手に説明する必要がありません。

■陣痛タクシーのドライバーは講習を受けている
陣痛タクシーのドライバーは、妊娠・出産時に必要な知識や、運転中に注意すべきことなどを、厳しい講習で身につけています。

■車内に妊産婦のための工夫がある
タクシー会社によっては、破水に備えて防水シートを用意してくれるサービスもあります。完全消臭・除菌されたタクシーで迎えてに来てくれる場合もあります。

陣痛タクシーはいつまでに予約すればいい?

陣痛タクシーを利用するためには、タクシー会社に予約登録しておく必要があります。妊娠7~8カ月目で予約登録する人が多いようですが、妊娠が分かって産院を決めた時点で予約しておいてもいいですし、臨月になってからでも大丈夫です。予約登録をする時には、以下のような情報を伝えるように準備しておきましょう。

・氏名
・住所
・緊急連絡先
・出産予定日
・出産予定の産院
・支払い方法

登録内容や必要な情報、利用方法などは、タクシー会社によって異なるため、詳細はお住まいのエリアのタクシー会社に確認してみてください。

陣痛タクシーの利用料金

出産のためのタクシーですが、料金が特別高くなるというわけではありません。一般的には、「自宅までのお迎え費用+病院までの走行費用」のみで利用することができます。クレジットカード情報等を事前に登録しておけば、料金後払いでもOKというタクシー会社もあるため、緊急時にも安心です。

陣痛タクシーについてのQ&A

陣痛タクシーの利用について、よくある質問をまとめました。参考にしてください。

【Q1】破水してシートを汚してしまったら、クリーニング代を請求される?

一般のタクシーでは、不注意によってタクシーを汚してしまった場合にはクリーニング代を請求されることがあります。しかし、陣痛タクシーの場合は、破水などの緊急トラブルによって車内を汚してしまったとしても、クリーニング代を請求されることはありません。タクシー会社によっては、座席に防水加工を施している場合もあるほか、タオルケットなどを貸してくれることもあるようです。

【Q2】陣痛が始まった時以外に利用することはできる?

一般的には、陣痛が始まった時以外にも、妊娠中の急な体調不良時に陣痛タクシーを利用することができます。また、妊娠中の買い物への往復に利用できる会社もありますし、「子育てタクシー」等の名称で、上の子どもを幼稚園・保育園や学校などに送迎する際に利用できるサービスもあります。

【Q3】希望の病院まで送ってもらえるの?

希望する病院まで送迎してもらうことができます。また、最初の登録時とは違う病院に行きたいという場合も、何回でも登録変更が可能です。もちろん、乗車した時に口頭で行き先をお願いすれば、指定した場所まで送迎してもらうことができます。

【Q4】破水した後に陣痛タクシーを利用することはできる?

破水後に陣痛タクシーを利用しても問題ありませんが、破水後はすぐにかかりつけの病院に連絡をし、自分の状況を伝えて指示を仰ぐことが最優先です。場合によっては、病院から救急車が手配されることもあります。救急の必要性はないと判断された場合には、陣痛タクシーを呼んでかかりつけの病院に向かっても大丈夫です。

【Q5】出産後の退院時、新生児との帰宅に使ってもいいの?

サービス名称はタクシー会社によって異なりますが、出産後の退院に陣痛タクシーを使うことは可能で、新生児用のチャイルドシートを設定してもらうことができます。予め出産予定日や退院予定日を登録しておいて、事前に車を確保してくれるサービスもあります。

陣痛タクシーを利用する時の注意点

陣痛タクシーはとても便利で頼もしいサービスですが、注意しておかなければならないこともあります。

■ドライバーは、医療行為をすることはできない
陣痛タクシーのドライバーは、妊娠・出産に関する訓練を受けていますが、医療上の資格等を持っているわけではありません。妊婦さんを安全に送り届けることが任務なので、移動中に妊婦さんの体調が急変しても、医療行為をすることはできませんのでご注意ください。

■道路状況や天候により、すぐに配車できない場合もある
陣痛タクシーは事前予約制ですが、連絡をした時にすぐに配車できるという保証はありません。道路状況や天候の都合にも左右されることを、念のため頭に入れておくとよいでしょう。

まとめ

出産を迎える妊婦さんを送迎してくれる陣痛タクシーは、心強い味方です。車で送迎してくれる家族がいつも側にいるというわけではない場合、予約しておくと安心ですね。ぜひ、お住いのエリアの陣痛タクシーを調べてみてください。

一般社団法人 全国子育てタクシー協会

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産準備

この記事を書いた人

みーなみーな

大阪在住の主婦です。1歳の子どもがいます。子育ての経験をもとに記事を書いています。最近は子どもの寝顔写真を撮るのがマイブームです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 陣痛タクシー、いつ予約する?特徴、利用法、料金、Q&Aまとめ