1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 遊び相手だけでなく、しつけまで!?お姉ちゃんのスパルタ指導がすごい!

遊び相手だけでなく、しつけまで!?お姉ちゃんのスパルタ指導がすごい!

遊び相手だけでなく、しつけまで!?お姉ちゃんのスパルタ指導がすごい!のタイトル画像

2人目っていつの間にか色々できるようになってるなぁ・・・と思っていたけれど!?

1年間の育休からの復帰後…

1年間の育休も終わりました。

仕事に復帰してからも、できるだけ子どもと一緒の時間を取ろうとしていますが、物理的、時間的な制限はやっぱりあり、改めて育休の素晴らしさを再認識しています。

でも、育休中と仕事に復帰した後の一番の違いは、そうした物理的な違いではない気がしています。

「パパ、全然遊んでくれないじゃん!」

先日家に帰った時に、長男に言われました。

やっぱりたまに帰ってきても付き合いなどで出かけたり、家で仕事をしたりもする。
さらに、この時は自分が風邪でダウンしてしまったのです。(もともとは、子どもがかかった風邪が、ママにうつり、自分に…)

そうしたことも重なって、不満の溜まった長男が「パパが、全然遊んでくれない!」と言ったのです。これを聞いて改めて去年、育休を取って良かったなあと思ったのです。

それと同時に、思い出した話がありました。

子どもの「いまここ」を楽しんでいるか?

整体ボディワーカーの山上亮さんの著書『整体的子育て』という本で読んだ、“子どものことをどう気にかけるか?”という話です。引用してみます。

<日頃から頭の中を考え事や予定などでいっぱいにしないということです。頭の中がいっぱいだと話しかけられても気づかないくらい感度は鈍りますし、目の前のことが見えなくなります。子どもはつねに「いまここ」を生きていますから、大人が考え事をして「いまここ」から離れてしまうと、子どもとの交流は起こらなくなります。>

仕事が始まり、なんとなく子どもと一緒にいても、
仕事のことを気にしたり、スマホをいじったり、
無意識のうちにしていたことから、子どもが感じていたのでしょう。

パパが風邪で倒れて遊べない、ということもあったかと思います。

しかし、長男は本能的に自分のことを見てくれていない、と感じていたのではないか?と思ったのです。

敏感な子どもはすぐに感じる

<忙しいからと、「心ここにあらず」のままで子どもと接していると、ことばのやり取りはあっても、気の交流は起きていないのです。敏感な子どもなら「ママはここにいない」と感じることでしょう。>

まさに、こんなことを感じたのかな?と思いました。

親は1分でも、2分でもいいから、子どもの「いまここ」に戻ってきて接してみると、言葉以外でも、子どもの表情や、仕草、目などから、多くのことを語っているのが読み取れると言います。

子どもの「いまここ」を、一緒に楽しむことが親には求められているのですね。


育休を取っている時は、子どもの世話で身体的には結構大変だったのですが、子どもに向き合える精神的な余裕がありました。
なので、「いまここ」を一緒に楽しむことはできたのです。

そして、これが育休の最大のメリットでもあったのです。
仕事が始まったとたんに、こうした余裕がなくなってしまい、皮肉にも、今更ながら育休のメリットを再認識したという…。


今後、育休取る予定の人や迷っている人には、こうした数字に現れにくいメリットも実感できることをお伝えしておきます。

子どもの「いまここ」、本当に一瞬でしかないので、気にかけておきたいですよね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
きのかんちの画像
きのかんち

1980年生まれ。北海道在住。
2008年生まれの長女と2012年生まれの次女の母をしながら、子供たちの日常を漫画にしています。育児や家事、お仕事の合間の息抜...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 遊び相手だけでなく、しつけまで!?お姉ちゃんのスパルタ指導がすごい!