1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だった

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だった

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったのタイトル画像

2歳ころから、娘には「コワイちゃん」という頭の中のお友だちがいます。

目次 頭の中のお友だちの「コワイちゃん」
イマジナリーフレンドとは
どうして「イマジナリーフレンド」ができたのか?
イマジナリーフレンド、「コワイちゃん」は大切なお友だち?

頭の中のお友だちの「コワイちゃん」

娘が2歳半くらいのころから、
度々「コワイちゃん」の話をするようになりました。

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像1
一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像2
一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像3

子どもの空想なのか、見えないものが見えているのかとにかく謎だったのですが、
先日このことを自身のブログに書いたところ、
それは「イマジナリーフレンド」というものだということが分かりました。

イマジナリーフレンドとは

気になって詳しく調べてみたところ、イマジナリーフレンド(以下イマフレ)とは、
3歳~7歳くらいの間の子どもに生まれる架空の友だちで、大人になる過程で大概姿を消してしまうものとのことでした。

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像4

幼少期は一人でイマフレと遊んで喋ったり笑ったりする子もいるみたいですが、
3歳を過ぎてくるとイマフレとの会話は心の中でするようになり実際にしゃべることはなくなってくるらしいです。

ちなみにうちの子は、
ひとり遊びでイマフレと会話しているところは見たことがないのですが

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像5

怒られて一人ですねている時に、
イマフレと会話していることが何回かありました。

どうして「イマジナリーフレンド」ができたのか?

イマフレは一人っ子や上の子にできやすいらしいです。

一節には、社会性が出てきて
友だちと関わっていきたい!という欲求が高まるけど
身近に遊べる友達がいない、という環境がイマフレができるきっかけになるのではないかのことでした。

日本ではあまり聞かないイマフレですが、
小さいころから自分の部屋で一人でベッドで寝る習慣のある欧米では、
約半数の子どもがイマフレを持っているらしいです。


思えば、娘にイマフレができた2歳半は、
下の子が生まれて育児に手がかかっていた時期。

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像6

一人で遊ぶことが多くなったこともあり
イマフレが現れたのかもしれません。

イマジナリーフレンド、「コワイちゃん」は大切なお友だち?

娘のイマフレ、一番初めにできた友だちはコワイちゃんですが、
他にもビクビクちゃんとかアンナちゃんとか複数人いるみたいです。


娘から聞いたコワイちゃんはこんな子でした。

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像7

初めは名前からして怖いと思っていたコワイちゃんですが、
蓋を開けてみたら娘の憧れの塊でした。

こんな素敵なお友だちがいつも側にいてくれるって、すごいですよね(笑)

一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だったの画像8

幼少期のイマジナリーフレンドとの関わり合いは、
その子の社会性の発達を助けてくれるとのことでした。

「うちの子…一人しゃべりしてるけど…」と、心配することはないようですよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

粥川結花

3歳の娘と1歳の息子の子育てに奮闘するアラサー主婦、結花(ゆか)と申します。

ひだまりマーチ というブログも書いていますのでよろしくお願いします。

...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一人でぶつぶつ会話する2歳娘…それは「架空の友だち」の存在だった