1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 保育支援制度ってなに?産後に復職したいママに

保育支援制度ってなに?産後に復職したいママに

保育支援制度ってなに?産後に復職したいママにのタイトル画像

保育支援制度は、産後に復職したりまたお仕事を始めたりしたいと考えている人が活用できる制度です。保育園の保育料を補助してもらえる制度で、仕事と育児を両立させましょう。

保育支援制度の対象になる人とは

保育支援制度は、家計の負担となる保育料を補助してくれる制度で、新しく仕事を始めるママや職場に復帰するママが対象になります。支援額の基準は住民税や所得によって異なるほか、子どもの年齢によって保育料が異なります。一般的に0~2歳児の保育料は高くなり、3歳以上のお子さんは少し保育料が安くなります。また自治体によっても支援の内容や金額が異なっています。市町村の役場に確認をするか、各都道府県のホームページを確認してみましょう。

制度を利用する時に必要な書類とは

保育支援制度では、課税額に応じて支援額が決定されるので、税額が分かる書類が必要になります。源泉徴収票や確定申告書だけではなく、市県民税の申告書なども申告書類として使用することができます。また、お子さんの保育に欠ける理由が分かる書類も必要です。お仕事を始める場合には、勤務証明や採用証明が必要になり、妊娠や出産の場合には、母子手帳のコピーが必要になります。書類には、勤務先に記入して貰う必要があります。

そもそも保育支援制度とはどんなもの?

従来の保育支援制度は共働きのパパやママが対象でしたが、平成27年4月スタートの「子ども・子育て支援新制度」では、働いていないパパやママがお子さんを預けたい時にも子育て支援サービスを利用しやすくなります。子育て中の全てのご家庭が支援の対象となり、支援の内容も多岐に渡って、ご家庭のニーズに沿った支援を受けることができる制度です。詳しい支援内容については市区町村のホームページや役場の窓口で相談してみてください。

親の働く時間によって認定の区分が変わります

子ども・子育て支援新制度では、保護者の勤務時間に応じて、保育の利用を必要とする時間を算出し、必要に応じて保育園や認定こども園を利用することができます。親の働いている時間によって、「保育標準時間(1日11時間を限度とする)」と「短時間(1日8時間を限度とする)」に区分が分けられます。ただし、最長8時間と認定された場合でも、残業などの事情で保育時間を超過してしまったときには延長保育を利用することができます。

他にもある!さまざまな保育支援

保育支援制度には、保育料の負担だけではなく、さまざまな保育支援の制度があります。認可外保育施設保育料助成制度や入園補助金、そして私立幼稚園就園奨励費補助金など、お子さんが幼稚園や保育園に通う上で知っておきたい制度ばかりです。自治体ごとに支援の制度や金額は異なりますし、新制度に移行するにあたって変更される制度もありますので、保育支援を利用するときは自治体のホームページや窓口などで最新の情報を確認してください。

関連する記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 保育支援制度ってなに?産後に復職したいママに