ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!のタイトル画像
公開 2016年07月11日  

ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!

75,316 View

娘が咳こんでいるから、風邪でも引いたかなと思ったら喘息でした。
喘息はほおっておくと、肺炎や気管支炎になったりするそうです。


目次
そこで、夏風邪だと思っていた娘の喘息が判明することに…
喘息だと気づけて本当に良かった

ある日の夜、娘が咳をしていました。
先月、耳鼻科でもらった咳の薬もあるし、様子を見ようと思っていました。

ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像1

すると、真夜中に娘が発熱。

朝には37,1度に下がっていたので、引き続き様子を見よう思いましたが、
なんとなく不安になり小児科を受診しました。

そこで、夏風邪だと思っていた娘の喘息が判明することに…

娘の胸の音を聴くと先生はすぐに眉間にしわがより・・・

ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像2

え、うそ‥!
喘息って…

先生が聴診器を貸してくれたので、胸の音を聴いてみると…

ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像3

心臓など、胸の音の間に混ざって、時折「ヒュー」と聴こえるんですよ。

これが喘息の音…!

そして先生はこう続けました。

ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像4
ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像5
ただの夏風邪だと思ったら…子どもの「咳」には要注意!の画像6

君、苦しいんじゃないのか…!?
(この後、静かになりました)

喘息だと気づけて本当に良かった

もし気づかなくてそのまま病院に行っていなかったとしたら‥
知らぬうちにどんどん悪化して、気づいた時には肺炎…!などと、重症化していたかもしれません。
そう思っただけで、ゾッとしました。

子どもも二人に増え、多くの風邪症状を見てきて、どこかで慣れてしまっていた自分もいたのでしょうね。
慣れは、いい時もあれば、こうやって悪い時もありますね。
今後は気を付けていきたいと思います。

Share!