1. >
  2. >
  3. >
  4. 2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?

2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?

2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?のタイトル画像

同じ学年の子が集まって楽しむイベントに参加。やはりみな大なり小なりの悩みがあって・・・そんななかで2歳児のお母さんの切実な悩みがありなんと2歳児さんが哺乳瓶を手放せないとのこと。手を尽くしても治らなかったのがいきなり解決、そのきっかけはなんと・・・1歳4か月の娘でした。

目次 その悩みは、とてても切実なものだった
児童館の思わぬ効果!?

その悩みは、とてても切実なものだった

市の「同学年のお子さんが集まって親睦を深める」という赤ちゃんイベントに参加した時のことです。
お昼ご飯は、参加者みんなでお弁当を食べることになりました。

2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?の画像1

育児書には「一歳を過ぎたらできるだけ哺乳瓶をやめてストローかコップに移行しましょう」書かれているものが多いです。

私もそれに従い、
哺乳瓶→スパウト→ストロー→コップ(1歳4か月現在お風呂で練習中)
と変更してきました。

もちろん2歳児のお母さんも同じように練習したそうですが、すべてだめだったそうで、悩んでいらっしゃいました。

児童館の思わぬ効果!?

2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?の画像2

そうなんです、その子は、マグでこぼすことなく飲んでいました。

もともと飲める力は備わっているけれど、感覚が嫌だったようで、目の前で同じ年齢くらいの子が飲んでいるのを真似してあっさりとマスターしてしまったのです。

これ以外にも全く離乳食を食べなかった子が、周りに同じ年齢の子がいたら、いつもより食べる量が増えたということもあるそうです。
児童館は、ただ子どもを遊ばせるだけではなく、成長の場にもなりうるのだな、と感じた瞬間でした。

児童館に行くか、もし迷っている方は、一度思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの成長・発達

この記事を書いた人

ゆずしみ

2015年2月22日に第一子である娘、ゆうを高齢出産・帝王切開で出産した元漫画家。
アメブロさんで育児ブログやってます↓
http://ameblo.jp/...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 2歳になっても哺乳瓶が手放せない!マグで飲めるようになった意外なキッカケとは?