1. >
  2. >
  3. >
  4. 水疱瘡を予防する水痘ワクチンとは?スケジュール、料金、副作用などをご紹介

水疱瘡を予防する水痘ワクチンとは?スケジュール、料金、副作用などをご紹介

水疱瘡を予防する水痘ワクチンとは?スケジュール、料金、副作用などをご紹介のタイトル画像

水疱瘡(みずぼうそう)は、全身にかゆみを伴う赤いぽつぽつとした発疹ができる病気で、非常に感染力が高いことが特徴です。予防接種(水痘ワクチン)を受けることで、病気の感染を防いだり、症状を軽くしたりすることができます。水痘ワクチンの受け方や副作用などについてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038002111
目次 水疱瘡ってどんな病気?症状は?
水疱瘡の予防には、水痘ワクチンの接種が有効
水疱瘡の予防接種の受け方
水疱瘡の予防接種の副作用は?
まとめ

水疱瘡ってどんな病気?症状は?

水疱瘡とは、「水痘・帯状疱疹ウイルス」への感染によって発症する病気です。潜伏期間は2週間程度で、発症すると顔やお腹など身体の中心に汗疹や虫刺されに似た発疹が出はじめ、やがて水ぶくれになります。治療は基本的には対処療法で、1週間程度でかさぶたになり自然にはがれ始めますが、完治するには3週間程度かかります。

発症した人の70%は発熱も伴うほか、子どもがこの病気にかかって重症化した場合は、熱性痙攣、肺炎、気管支炎などの合併症にかかることもあります。他の人に感染する病気のため、家族など周囲の人たちへの感染拡大も懸念されます。

水疱瘡の予防には、水痘ワクチンの接種が有効

水疱瘡の予防には、水痘ワクチンが有効です。水痘ワクチンの接種には、主に3つの効果があります。

■水疱瘡の感染を防ぐ
水疱瘡は非常に感染力が強い感染症で、水痘ワクチンを接種する以外の方法ではほとんど防ぐことはできません。水痘ワクチンは基本的には2回接種することが推奨されています。2回接種をすることで、とても高い感染予防効果が期待されます。

■水疱瘡の重症化を防ぐ
もし水疱瘡にかかった場合でも、水痘ワクチンを1回でも打っていれば、重症化を防ぐことができます。

■緊急接種
水痘ワクチンを受けていない子どもが感染者と接触してしまった場合は、緊急接種をすることも可能です。接触から72時間以内に予防接種を受けると、約80%の確率で感染を予防し、重症化を防ぐことができます。

厚生労働省 水痘ワクチンの有効性について

水疱瘡の予防接種の受け方

水疱瘡の予防接種の料金

子どもの予防接種には、無料で受けられる定期接種と、受けるかどうかの判断が保護者に任せられている任意接種があります。水痘ワクチンは平成26年10月から定期接種となり、1歳の誕生日から3歳の誕生日の前日までは無料で接種することができます。3歳を過ぎた後は任意接種となり、健康保険も適用されませんが、有料で接種することができます。接種費用は、6,000円~10,000円くらいが相場です。

7歳以降で水疱瘡にかかると、重症化する傾向があると言われているので、感染する前に出来るだけ早く接種しましょう。自治体によっては補助を受けられる場合もあるので確認してみましょう。

水疱瘡の予防接種のスケジュール

水痘ワクチンは、2回接種することが推奨されています。1回目の接種から3ヶ月以上経過していれば2回目を接種することができますが、標準的には6~12ヶ月の間隔をあけることが多いです。定期接種として適用されるのは3歳の誕生日の前日までなので、期間内に2回の接種が完了するよう逆算してスケジュールを立てる必要があります。

水疱瘡の予防接種の副作用は?

水疱瘡を予防する水痘ワクチンとは?スケジュール、料金、副作用などをご紹介の画像4

水痘ワクチンによる副作用は、ほとんどないといわれています。しかし、場合によっては以下のような症状が出る場合もあるので注意が必要です。

・発熱
・咳
・全身や身体の一部に発疹やじんましんがでる
・注射を打った場所が赤くなる、腫れる、固くなる


発疹や発熱などが見られた場合でも、数日で改善することが多いようです。症状がひどかったり、水疱性の発疹が出たりした場合には、予防接種をした病院に連絡して受診してください。

どの予防接種についても同じですが、副作用のリスクを少しでも減らすためにも、なるべく体調の良いときに接種するようにしましょう。接種後は激しい運動を避けて、静かに過ごしましょう。

まとめ

水疱瘡は水痘ワクチンを接種することで予防が期待できるほか、感染した場合にも重症化をほぼ確実に防ぐことができる病気です。スケジュールを確認して、早期の予防接種を心がけましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 予防接種

この記事を書いた人

ままとともに

IT系の仕事を十数年。それから主婦。
のんびりマイペースに一児(2歳♂)の母をやってます。
IT系、カラーコーディネーターの資格を持っています。

みん...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 水疱瘡を予防する水痘ワクチンとは?スケジュール、料金、副作用などをご紹介