1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中のイライラやストレス、母体や赤ちゃんへの悪影響は?原因と解消法まとめ

妊娠中のイライラやストレス、母体や赤ちゃんへの悪影響は?原因と解消法まとめ

妊娠中のイライラやストレス、母体や赤ちゃんへの悪影響は?原因と解消法まとめのタイトル画像

涙もろくなったり、イライラしたり、憂鬱になったり…。妊娠中は情緒不安定になりやすいものです。体がいうことを聞かなくてイライラ、パートナーの言動にイライラ、上の子どもがいる場合は、さらに毎日の子育てに追われて爆発寸前!そんなイライラやストレスが、ママやお腹の赤ちゃんに与える影響、解消法などについてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11071001527
目次 妊娠週数でみるストレスの原因
妊娠中のストレスが母体に与える影響
妊娠中のストレスが赤ちゃんに与える影響
妊婦さんにおすすめのストレス解消法
パートナーとの関係性が重要!
まとめ

妊娠週数でみるストレスの原因

妊娠中は今まで全く気にしなかったことでストレスを感じることがあります。「なんでこんなにイライラするんだろう。」と思うかもしれませんが、妊娠中のストレスには妊娠中だからこその原因があるのです。ここでは、妊娠周期別に見たストレスの原因をご紹介していきます。

妊娠超初期(0~4週目)

妊身超初期は、ホルモンバランスの変化によってイライラしてしまうこともあります。この時期は自分で妊娠に気づいていないことがほとんどのため「なんでこんなにイライラするのだろう」と不思議に思う人も多いです。

妊娠初期(4~15週目)

妊娠初期は、分泌されるホルモンの影響でからだとこころが一番変化する時期です。この時期は以下のようなさまざまな原因が重なってストレスを感じやすい時期になります。

■ホルモンバランスの変化
妊娠すると黄体ホルモン(プロテスゲロン)が分泌され、体が変化していきます。黄体ホルモンは自律神経に働きかけるため、不安を感じたり、情緒が不安定になったり、イライラしたりします。

■つわりによるストレス
妊娠初期に現れる代表的な生理現象であるつわりによって、主に吐き気や嘔吐などの消化器系の不快症状が現れます。つわりの程度は人それぞれですが、それほどひどくないとしても、いつも通りに絶好調という人は少ないはずです。

■出産や育児への不安
妊娠を自覚して先輩ママに話を聞いてみると、出産時の痛みや出産後の育児の大変さに不安になってしまいますよね。そんな時はベビーグッズ量販店に行って出産後の楽しみをイメージしてみるといいかもしれません。

■環境の変化
つわりなどの症状がひどくて、仕事を休まなければいけないとなったら精神的にストレスを感じてしまいますよね。またファッションも自由に楽しめなくなるためストレスを感じる人が多いようです。

妊娠中期(16~27週目)

妊娠中期には、胎盤も完成し胎児はいわゆる安定期に入ります。そのため、精神的にも安定してくると言われますが、妊娠中期には妊娠中期独特のストレスがあります。その中で最も悩みの種になるのが、体毛が増える、白髪が生えるなどの妊婦特有の外見上の変化でしょう。

あまりにもストレスを感じる場合は、一人で抱え込まずに友達や両親に話を聞いてもらうのも得策です。

現在初めて妊娠中です。 私は妊娠前からヘソの周りに濃くて太い(毛質でいうと脇毛のような…)無駄毛がよく生えていて、よく毛抜 きで抜いていました。 妊娠中の今も生えてしまっているのですが、もしかしてお腹の赤ちゃんに悪影響かな?と思って全く抜いていなくて、毛がボーボーです。 妊娠初期の頃はたまに毛抜きで抜いちゃってましたが検診では経過に問題なしだったので大丈夫かなと思っていました。 しかし現在妊娠5ヶ月でお腹も出てきているので何となく怖くて抜けません。 お腹を出す時といったら検診の時くらいで、当然お医者さんはヘソの毛なんて気にしてないとは思いますが、気になって仕方ありません 。 やはりおへそ周りの毛って抜いたらまずいんでしょうか?

妊娠後期(28~40週目)

妊娠後期はホルモンバランスが乱れることやおなかが大きくなって今までのように生活できなくなることによって不眠、出産への不安でイライラすることもあるでしょう。そういう時は深呼吸をしてみるのがお勧めです。ゆっくりした呼吸は副交感神経を優位にする働きがあり、感情を落ち着かせることができます。

妊娠後期のイライラなど情緒不安定について。 今33週です。 胎動もしっかりあり、順調に元気で育ってくれています。 赤ちゃんは順調なのですが、私自身が感情の波が激しく参っています。 今日は夫は趣味のロードバイクを、仕事仲間と約束していて出掛けています。 出掛ける時には好きな事が出来る羨ましさからか、イライラして快く送り出せませんでした。 笑って気を付けてとは言ったつもりですがちゃんと笑えてたか不安です。 一人になるとどうしても不安と寂しさからか、涙が出ます。 テレビを見たり漫画を読んで気を紛らわしても落ち着きません。 実家に帰ろうにも電車で1時間かけてまで帰ろうとも思えなくて、外に出る気も出ません。 妊娠後期の方達はこういう落ち込んだ時はどうしていましたか? つわりが戻ってきたような吐き気もあり、吐いてしまう時が増えてきました。 毎日吐き気と赤ちゃんに臍帯が絡まってないかなど不安でいっぱいいっぱいです。 先輩ママや同じ妊娠後期の方達教えてください。 楽になる方法や気を紛らわせる方法などあればお願いします。

妊娠中のストレスが母体に与える影響

ママは妊娠中赤ちゃんの心配ばかりしてしまうものですが、妊娠中のストレスは自分とっても悪影響です。具体的にどう影響するのか見ていきましょう。

血流が悪くなる

妊婦さんがストレスを感じると、緊張時に優位になる交感神経と睡眠導入やリラックス時に優位になる副交感神経のうち、交感神経が活性化します。そのような状態になると血管が収縮して血流が悪くなり、ひどい場合は流産の可能性もあるといわれています。

過換気症候群

過換気症候群とは、精神的な問題で呼吸が大きくなり、身体の中の二酸化炭素が正常より排出されすぎることで現れるいくつかの症状のことです。呼吸困難や手足のしびれ、最悪の場合はするケースもあります。もしもこの発作がみられた場合は、慌てず一度深く息を吐いてみましょう。

妊娠中のストレスが赤ちゃんに与える影響

妊婦さんにストレスは、発育不全の原因になる可能性があります。これは、ストレスには血管収縮効果があり、母体の血管が収縮して赤ちゃんに十分な血液がいかなくなるためです。

また、血液の流れも悪くなるため、脳の発育にも影響を与える可能性があります。しかし、ストレスをためてはいけないと思うあまりにそれ自体がストレスになってもいけませんから、心配しすぎず、頭の片隅に留めておく程度にしておきましょう。

ストレスと漢方 ―ストレスと上手に付き合うために―

胎児発育不全(FGR)の原因とは?

妊婦さんにおすすめのストレス解消法

ストレス解消法は調べればたくさんあると思いますが、今回は特に妊婦さんにおすすめしたいストレス解消法をご紹介していきます。

オススメその①散歩

気分が良くて体調が許せばぜひお出かけしてみましょう。散歩をすれば血行が良くなるので、妊娠時特有のむくみ解消にもつながりますし、何より出産に必要な体力がつけられます。また、適度なウォーキングは幸せホルモンであるセロトニンを分泌する効果があるので、ストレス解消にもつながるでしょう。

セロトニン増やす方法!医師おすすめ、リズム運動・呼吸から食べ物まで(実践編)

オススメその②ぬり絵やパズル

塗り絵とパズルはイライラ解消に効果的といわれています。塗り絵やパズルをしていると、つい熱中して時間を忘れるほど夢中になってしまうこともしばしば。実は、この「時間を忘れるほど夢中になってしまう」というのがイライラ解消にとても大切だといわれています。ぜひイライラしたときに試して見てくださいね。

オススメその③葉酸を含む食事

葉酸を含むビタミンB群にはホルモンバランスを整える働きがあるため、ストレス緩和が期待できます。納豆や牛乳などの身近な食品でも葉酸は摂取できるのでストレスを感じた時はお勧めです。

パートナーとの関係性が重要!

妊娠中は、大好きなはずの相手から向けられる不用意な言動に傷つくこともありますよね。「意外と気が利かないんだな」「自分のことばかり考えてる」と、妊娠してみて初めてパートナーの知らなかった一面に気づいたという人も多いです。

しかし、そのような不満や不信感をためるだけでは、余計にストレスを抱えてしまいます。ここは、勇気を出してパートナーに自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。パートナーにとっても言葉にしてくれないと気づけないこともあるかもしれません。

まとめ

妊娠中のストレスの原因や赤ちゃんに与える影響を見てきましたが、いかがだったでしょうか?妊娠中はホルモンバランスの乱れや外見の変化、自分の思い通りにいかないことが増えてイライラすることもありますが、これらはとても自然なことです。イライラの原因を理解し、適切な対処法をとっていきましょう。

また、いつも以上にパートナーの言動が気になってしまうこともあると思いますが、そんな時こそきちんと不安や不満を伝えましょう。旦那さんはこれらを理解したうえで、寄り添ってあげることが大切です。かわいい赤ちゃんのために、夫婦で頑張って乗り越えましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活

この記事を書いた人

虹色ママ

6歳と3歳の女の子のママ。
周りに自分と同様の高齢初産経験者多し、です。
うれしい・たのしい・感動・かなしい・つらい・わからない、そして「助けて」
妊娠出...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中のイライラやストレス、母体や赤ちゃんへの悪影響は?原因と解消法まとめ