1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!

良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!

良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!のタイトル画像

6/11のすくすく子育てテーマは「ほめて育てるとはいうけれど…」(再放送)。専門家のQ&Aと、読者の反応をまとめました。

目次 すくすく子育てQ&A!
番組を見たパパママの反応は…?
「認める」ことから始めてみよう!

きっとみなさん、一度は耳にしたことがあるであろう、「子どもはほめて育てたほうがいい」という言葉。

今回のすくすく子育てでは『ほめて育てるとはいうけれど…』というテーマから、パパママたちが抱く「ほめる」に関する疑問に答えています!

すくすく子育てQ&A!

良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!の画像1

番組の中で、大日向先生(恵泉女学園大学学長 発達心理学)と大豆生田先生(玉川大学大学院教授 乳幼児教育学)が受けていた相談をここではいくつかご紹介します。

Q:ほめすぎってよくない?大丈夫?

我が家の子育ては、娘をほめて育てる方針です。
たとえば、離乳食を食べさせるときは、1口食べただけでも「すごい、すごい!」と少し大げさなくらいにほめます。離乳食だけでなく、「あんよ」や「たっち」のように、何か新しいことができるとほめるようにしています。
でも、ほめられることに慣れて、怒られることに慣れていないため、打たれ弱い子にならないか心配です。
ほめすぎても大丈夫なのでしょうか?
(10か月の女の子をもつママより)

A:ほめることで子どもの「安全基地」を作っている。

回答:大日向 雅美さん

人生において、心が傷つくことや、めげることはたくさんあります。
めげること自体は悪いことではありません。

ただ、めげても、あきらめずに生きていけるように、力をつけないといけません。
このような生きる力をつけるためには、家庭が子どもにとって安心できる場所になるように、「安全基地作り」をすることが必要です。

気になる回答の続きはこちら

Q:良いほめ方・悪いほめ方がある?

孫に甘い祖父母にほめられ、私にもほめられ・・・。
周りがほめすぎて、甘やかしになっているのではないかと心配です。
もっとメリハリのあるほめ方にしたほうがいいのでしょうか。
良いほめ方があれば教えてほしいです。
(1歳6か月の男の子を持つママより)

A:ほめることは、感動と自然体。子どもの存在を丸ごと受け入れる。

回答:大日向 雅美さん

ほめるときに、まず大事なのは「感動」です。
「すごいな~」「いいな~」というような気持ちがまずスタートで、そしてそこでピリオドをうってください。

その後は期待せず、感動した気持ちだけを伝えることが大切です。
「ほめて伸ばそう」とか「おだてると良くなる」などの成果は期待しないようにしましょう。

ほめることにテクニックのようなものはありませんが、「何かができるから、いい子」というほめ方はしない方がいいと思います。
ほめるときは、パーツではなく、子どもの存在を丸ごと受け入れてあげるようにしてください。

気になる回答の続きはこちら

Q:子どものほめ方がわからない。どのようにほめればいい?

私自身、親にあまりほめられた記憶がないため、子どもをほめるタイミングやどの程度ほめればいいのかがわかりません。
また、面と向かってほめると気恥ずかしくなるため、ほめるにしても、「すごいね!」といったハイテンションではなく、いつもどおりの落ち着いたテンションでほめています。

先日、子どもの絵が町のコンクールに入賞した際に、言葉でほめてみたのですが、子どもはノーリアクションです。どのようにほめるのがいいのでしょうか?
(6歳と3歳8か月の女の子を持つママより)

A:「見守る」ことは「ほめる」ことと同じ。

回答:大豆生田 啓友さん

ほめ方には、「見守る」ことも含まれていると思います。
子どもがしていることを、「がんばっているんだな」とニコニコしながら見守ってあげることも、子どもにとっては「自分は認められている」と感じることができるのだと思います。

気になる回答の続きはこちらから

その他の相談アーカイブはこちらから

番組を見たパパママの反応は…?

ツイッターには、今回の放送を見たパパママからこんな感想があげられていました。

「認める」ことから始めてみよう!

良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!の画像2

番組のなかでは、子どものことをたくさん褒めていたり、意識的に褒めるということを努力しているパパママの姿もありました。

でも正直「ほめる」って簡単なようで意外とむずかしいですよね。
子どもと向き合っているとイライラしたり叱ってしまうこともあると思うんです。

だからまずは、専門家の先生方がおっしゃるように、お子さんのそのままの姿を「認める」「受け止める」というところから始められるといいようです。

今までコノビーでも何度か「褒める子育て」について取り上げているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 声掛け 褒め方

この記事を書いた人

[Conobie編集部]

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 良いほめ方、悪いほめ方って、あるの?「すくすく子育て」の専門家の解説がわかりやすい!