1. >
  2. >
  3. >
  4. 「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント

「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント

「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイントのタイトル画像

出産や育児にともなう給付金。その種類や受給方法は自治体や加入している健康保険により異なります。もらえるお金を確実に手に入れるために、給付金のポイントをご紹介します。

気になる方はお住まいの自治体に相談を

お住まいの自治体でどんな制度があるのか知っておくことはとても大切です。また、もらえる金額や手続きをする窓口なども、自治体やサポートの種類により異なることがあるため注意が必要です。確実に給付金をもらうためには最新の情報をよく確認し、その内容や受給方法だけでなく、手続きができる期限も知っておく必要があるでしょう。具体的なサポートの内容を確認したい方は、お住まいの自治体に相談してみてください。

妊娠がわかったら、すぐにリサーチを開始

赤ちゃんが生まれた後は何かと忙しくなるため、給付金等に関する情報収集は妊娠が分かったらすぐに始めるようにしましょう。基本的な情報は本やインターネット、専門誌などで収集可能です。産院や自治体が主催する母親学級などに参加して情報を得るのも一つの方法です。妊娠中は体調を崩しやすいため、少しずつ情報収集するのがポイント。また、給付金に関する内容は改正されることが多いため、最新情報をチェックするよう心がけましょう。

必要な手続きはリストアップしてチェック

出産、育児に関する給付金にはいくつかあり、手続きをする時期や方法、窓口が同じとは限りません。確実に給付金をもらうためには、自分がもらえるサービスを時系列にしてリストアップしておくといいでしょう。また、パパになるご主人の目につくところに貼ったり、一緒にリストアップしたりして2人で出産に備えるもいいかもしれません。出産後の手続きはパパの仕事になることもあるため、よく理解しておいてもらった方がいいでしょう。

申請書類も早めに準備しておきましょう

お産に関する公的なサポートの申請書類には、通院している産院に記入してもらう箇所がある場合もあります。入院してしまうと身動きがとれなくなってしまうため、産前産後のサポートに関する申請書類は早めに準備しておきましょう。入院前に必要な箇所の記入を済ませておけば安心です。また、せっかく準備したのに失くしてしまっては意味がありません。失くさないように母子健康手帳などと一緒に保管しておくなど、自分なりに工夫してみましょう。

わからないことは遠慮せず窓口に相談を

出産、育児に関する給付金は、ママがお仕事を持っているか否かでも異なります。自分がもらえる対象なのかどうかわからない、または、帝王切開で入院が長引くときは費用の補填があるのかなど個々で状況が異なるため、わからないことは遠慮せずに窓口に問い合わせをしてみてください。あやふやなままにしておくと、もらえるはずのお金をもらい損ねてしまうかもしれません。わからないことはしっかり確認し、万全な準備を心がけましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント