どんなに小さくても子どもは大人の思う以上にいろんなことを感じ考え理解している、ということを改めて実感した出来事でした。次からこのAちゃんとはお話を想像することを楽しむようになりました。

こどもひとりひとり、絵本の中のストーリーよりも、絵の世界に入り込む子、絵本の言葉の響きを楽しむ子、絵本を読みながら手をつなぎその時間が好きな子、読んでもらうより絵を見てお話を作るのが好きな子、、、みんな違って、もちろんその日その時によっても違って、いつも驚かされたり感動させられたりしていました。

皆さんにも、素敵な絵本にまつわるエピソードがあるのではないでしょうか。そんなことも思い出して懐かしんでいただけたら嬉しいです。