1. >
  2. >
  3. >
  4. 「キミにいちばん」のことを。ママの愛情がたっぷり詰まったインスタグラムにほっこり

「キミにいちばん」のことを。ママの愛情がたっぷり詰まったインスタグラムにほっこり

「キミにいちばん」のことを。ママの愛情がたっぷり詰まったインスタグラムにほっこりのタイトル画像

それぞれの子育てスタイルに、ほっこりします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015193343
目次 キミの笑顔が見たいから… #キミにいちばん
きみにとっていちばん甘えれる存在に #キミにいちばん
明日で1歳になるキミへ #キミにいちばん
今まで自分が1番だったのに #キミにいちばん
ママの一言ひとことに、愛情を感じる

ママから、我が子に向けた一つひとつの愛情。

それぞれの愛の形はとても美しく、
とても素晴らしいものです。

パンパースがキャンペーンで行った #キミにいちばん のハッシュタグには、
多くの愛の形が集まっています。

素敵な写真、素敵な我が子へのメッセージが詰まっていましたので、
ぜひ編集部でご紹介をさせていただきます。

キミの笑顔が見たいから… #キミにいちばん

キミが産まれてから人生が変わったよ。

こんなに一生懸命になれる事
今まで一度も無かった。

こんなに頑張れる事一度も無かった。
無我夢中ってこの事なんだね。

寝不足で辛い日もあるけれど、毎日本当に幸せで楽しいよ。

キミの笑顔が見たいから、
キミの喜ぶ顔が見たいから、
キミの成長が見たいから、うんと頑張れる。

これからのキミの人生にいろんな色をつけてあげる。いろんな世界を見せてあげる。

いつか #いちばん と思う色をみつけてね。
キミのペースで今まで通りゆっくり成長していこうね。
キミのお陰で親の有り難みが更にわかったよ。

ありがとう!

和顔施を持って一度きりの人生楽しもう♡

きみにとっていちばん甘えれる存在に #キミにいちばん

キミが 手を引いて 歩き出す。
大好きな ひぃばぁと ふたりっきり。

この大切な時間を ちょっと遠くから 見守るのも 大切な事なんだ。

でもね キミが ママを必要とする時は いつでもそばにいるからね。

そして きみにとって いちばん甘えれる サンドバックでいるよ。

キミにとって 大好きな人が
ママやパパの他に
たくさんたくさん 出来ますように。

ちょっぴり寂しい ママより。

明日で1歳になるキミへ #キミにいちばん

明日で1歳になるキミへ

今日が0歳最後の日だね

去年の今頃はまだお腹にいたキミ

今じゃあ、ヨチヨチ歩いたり、ママの真似をしたりしてるなんて。

正直、ママはキミが産まれるまでは子供も好きじゃなかったし、

夜も毎晩ぐっすり寝てたし、

時間も全部自分の為だったけど、

今ではキミ無しの生活なんて考えられない

毎晩頻繁に泣いて起こされても、

離乳食をひっくり返されても、

キミが 大好きだし、何よりも大切

キミにいちばんしてあげたいこと

沢山あってキリがないけど

毎日ギュって抱きしめてあげたい

キミが将来、学校や外で辛い事があっても、家に帰れば

ママがギュってすれば安心して眠れるように、

キミの絶対の いちばん の味方でいるからね

早くパパと3人で手を繋いで海辺を散歩したいね
でも、もう少し赤ちゃんでいてね
ママが寂しくなるから

今まで自分が1番だったのに #キミにいちばん

キミがお腹に宿ってからママは今まで自分が1番だったのに
人を1番に考えられるようになりました。

ありがとう。

どんなに辛いことだってキミが笑っていられる環境を作れるんなら頑張れます。
家事や仕事が忙しくて
あんまり構ってあげられなくてごめんね。

いつもキミが笑っていられるのかな?
って不安と戦いながら…弱いママでごめんね…

でもキミのために頑張っています。

これからキミが広い広い世界に飛び出して傷ついたとしても
キミの場所はここにずっとずっとあるから安心してね。

何も心配することないからね。
美しい世界をたくさん見ようね。

キミの為に何ができているかわからなくて心配で不安で泣きたくなるけど
キミを愛する気持ちは誰にも負けないよ。

悲しい時は私の胸で泣いて。
楽しい時は一緒に笑って。

キミの行きたいところに行けるようにお手伝いさせてね。

ママの一言ひとことに、愛情を感じる

思わず、我が子に言葉で愛を伝えたくなった方も多いのではないでしょうか?

このハッシュタグを見ると、
それぞれのママの大切な想いが伝わってきます。

ぜひ一度、覗いてみてはいかがでしょう?

あなただったら、どんな「#キミにいちばん」を伝えますか?

インスタグラム「#キミにいちばん」はこちらから Link icon

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

[Conobie編集部]

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「キミにいちばん」のことを。ママの愛情がたっぷり詰まったインスタグラムにほっこり