1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法のタイトル画像

子どもの「おねしょ」を正しく知りましょう!

目次 5~6歳を過ぎてのおねしょは、病気の疑いもある「夜尿症」
6歳くらいまでの「おねしょ」なら、気にせずに!
6歳以降のおねしょが気になったら…

本日は、「世界おねしょデー」であることを、
ご存知でしたでしょうか?

生まれて2歳ごろまでの子どもは毎晩おねしょをしますが、
その頻度は年齢とともに減っていくのが一般的です。

「おねしょ」について、みなさんはどう感じていますか?

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法の画像1

実は、3人に2人のママは「子どもがおねしょに悩んでいる」と感じてない、
という結果が出ています。

「おねしょは治したいけど、あまり通院はしたくない」
と約50%ものママが感じているそう。

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法の画像2

実際に、ママにインタビューをした動画では、

「おねしょについては、全然気にしてないので…」
「まだ小さいので、そういうこともあるかなって。」
「本人も、特に気にしてないのかなって思うんですけど…」

どのママも比較的、笑顔で話します。
あまり気にしていない、がほとんどの意見でした。

では、子どもたちはどうなのでしょうか?

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法の画像3

「なんで僕だけしちゃうんだろう?」
「恥ずかしいし、弟ももうしていないのに、お兄ちゃんとして情けない」
「早く辞めたいなあって…」
「おねしょをしちゃうかもしれないから、合宿(泊まり)には、いけない」

みんな、深刻な悲しそうな顔をしています…。

5~6歳を過ぎてのおねしょは、病気の疑いもある「夜尿症」

「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢がポイント。

乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、
5~6歳(小学校入学前後)以降は一般的に「夜尿症」と呼びます。

時々おねしょをしてしまう程度のお子さまの比率は。5歳で約15%、
小学校低学年で約10%と減少しますが、小学校高学年でも約5%にみられます。

また「おねしょ(夜尿症))」が子どもに与える精神的ダメージが
非常に大きいことも研究から分かっているそう。

それは、なんと「いじめ」よりも強く、トラウマになりやすいんです。

そうなる前に、お子さんへのおねしょケア、
しっかり対応していきたいものです。

6歳くらいまでの「おねしょ」なら、気にせずに!

一回なくなったおねしょが、また始まる…という場合は、
環境の変化が一因としてはあるようです。

ただし、6歳ころまでのおねしょは、気にすることはありません。

6歳以降のおねしょが気になったら…

夜尿症かどうか心配な場合は、まずは小児科を受診してみましょう。治療は生活指導が中心になりますが、医師の指導のもとに夜尿アラームという装置を使ったり、抗うつ薬や抗利尿ホルモン、抗コリン薬といった薬物治療をする場合もあります。

やはり、お子さんのことを考えると、
一回診療に行った方が良いでしょう。

チェックリストとしては下記、一つでも当てはまる場合は、
夜尿症を疑った方がいいです。

 □昼間も失禁することがある
 □熱中する時に、もらしてしまうことがある
 □落ち着きがない
 □寝る前にいつもトイレに行くのを忘れてしまう

  ※池田 裕一氏(昭和大学藤が丘病院 小児科 准教授 医学博士)による

また「おねしょ卒業!プロジェクト」では、
全国の「夜尿症の診療を行っている医療施設」を検索することができます。

5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法の画像6

夏に多くある宿泊行事に向けて、気になる方は今から
対応するのが良いかもしれません!

「子どもの自信」のため、ぜひ一度、見直してみてくださいね。

おねしょ卒業!プロジェクト委員会」のWeb サイト「おねしょドットコム」

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

[Conobie編集部]

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 5月24日は「世界おねしょデー」!ママには言えない、子どもの悩みと対処法