1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもを叱ることに疲れたら読んでほしい絵本「りゆうがあります」

子どもを叱ることに疲れたら読んでほしい絵本「りゆうがあります」

子どもを叱ることに疲れたら読んでほしい絵本「りゆうがあります」のタイトル画像

癇癪に質問責め、強いこだわり……発達障害の特性を持つ子どもの行動は、理解できないことだらけ。どうにか正そうと頑張り過ぎて疲れたときは、「りゆう」を探してみませんか?肩のちからをゆるめるきっかけになりそうな絵本、ご紹介いたします!

目次 「りゆうがあります」という絵本を知っていますか?
そのこだわりは、屁理屈ではなく「理由」なんだ!
人それぞれの「理由」は、外から見るだけではわからない。
子どもの行動の「理由」を知ると、イライラが軽減するかも?

「りゆうがあります」という絵本を知っていますか?

遊歩道の縁石に上がって駆け出す6歳のR君と、それを追いかけるうちの6歳息子・ハル。

「あのね、俺が高いところを見つけると必ず上っちゃうのは、木から下りられなくなったネコを見つけたときに、助けてあげるための訓練をしているからだよ!」

こちらを笑顔で振り返り、きっぱりと言うR君。

「ネコを助ける……?」「訓練……?」

と、息子とわたしが首をかしげていると、

「ふふふ、『りゆうがあります』ね」

と微笑むR君のお母さん。

「えっ?R君が考えた理由なの?」

「ううん、そういう面白い絵本があるの。ハル君とのんちゃん(わたし)も、良かったら読んでみて!」

読書家で本選びのセンスがいい彼女のおすすめならばと、わたしは次の休日にその絵本を買いに出かけました。

そのこだわりは、屁理屈ではなく「理由」なんだ!

主人公の男の子は「おぎょうぎがわるい」というクセだらけ。

鼻を鼻をほじったり、爪を噛んだり、貧乏ゆすりをしたり。

お母さんに注意をされてもなかなかやめられません。

そこで男の子は考えるのです……。

ぼくは、ハナをほじるクセがある。おかあさんにいつもおこられる。りゆうは、「おぎょうぎがわるいから」だって。ぼくもなにかりゆうがほしい。ちゃんとしたりゆうがあれば、ハナをほじってもいいんじゃないだろうか。

鼻をほじるのは、「ハナのおくにあるスイッチをおして、あたまから“ウキウキビーム”をだすため」

爪を噛むのは「おとなにはきこえないおとをだして、ゴミすてばのカラスをおいはらうため」

お母さんにクセを指摘されるたびに、その場で「りゆう」を考えて伝える男の子。

次々出てくる屁理屈のような「りゆう」に、半分呆れて半分感心したような表情を浮かべるお母さんでしたが…

というストーリーでした。

人それぞれの「理由」は、外から見るだけではわからない。

アスペルガー症候群の当事者である息子とわたしには、それぞれこだわりがあります。

ですが、そこに固執してしまうのには自分たちなりの理由があるのです。

しかし、他の人からしたら、この絵本の主人公である男の子が言う「りゆう」と大差ない屁理屈なのかもしれないなと感じました。

そして、アスペルガー同士だからといって、お互いのこだわりについて理解ができるとは限りません。

つい先日は、本編を見る気のない映画の予告編を、繰り返し再生して喜び息子の姿を「何が面白いの?」と言いながら眺めることがありました。でも、これにだって息子なりに楽しいと思える「りゆう」があるのでしょう。

予告編の何がそんなに!?似た特性でも理解しがたい息子のツボ。

冒頭に出てきたR君、実は息子やわたしと同じ、アスペルガー症候群なのです。

「子どもに対して『りゆうがあります』のお母さんみたいに、楽しく接しられたらいいよね!」と笑っていたR君のお母さん。

もしかしたら、愛息子のこだわりを絵本の主人公である男の子の「クセ」に置き換え、「“りゆう”があるのかな?」なんて考えていたのでしょうか。

子どもの行動の「理由」を知ると、イライラが軽減するかも?

発達障害がなくても、子どもの行動には「どうしてそんなことをするの?」とため息が出てしまうことがありますよね。

叱るのに疲れてしまったときは、お子さんと一緒にこの絵本を開いて、「りゆう」を考えて話し合ってみてはいかがでしょうか。

その場で言葉になる「りゆう」はデタラメだとしても、行動にそれなりの理由があると実感できたら、ちょっぴり楽になれるかもしれません。

そして、この絵本を読むと、子どもから

「お父さん、お母さんはどうしてそんなことをするの?」

と聞かれる可能性もありますから、どうぞ心のご準備を!
気づかないうちにやってしまっている「クセ」、しっかり見られているものですよ。

この記事を「発達ナビ」で読む Link icon

この記事のライター:鈴木希望 さん

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育ての悩み 発達障害・発達の遅れ 子育て・育児

この記事を書いた人

LITALICO(りたりこ)発達ナビ

LITALICO(りたりこ)発達ナビに掲載されたコラムをご紹介します。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもを叱ることに疲れたら読んでほしい絵本「りゆうがあります」